2006年10月25日

人生は「寝言」?

 ふと思うのですが、10年前に今の自分が想像できたのだろうかと。元々、30半ばまでに一仕事をしたら、あとはさっさと店じまいして、くたばって、「はい、それまでよ」、というのが夢でしたが、くたばりそうで、なかなかくたばらない。まあ、碌な仕事をしていないので、まだくたばるには早すぎると自分に言い訳をするしかないのですが。

 それにしても、メディアにしても、ネットにしても、なんと「『なんとか』論」の多いことよと思います。仕事柄、屁理屈をこねることが多いのですが、理屈が好きな人が多いなあと感心します。経験上、理屈など後からついてくることが多いと思うのですが。どうも、現代人には「考えること」=「理屈をこねること」となっているようで、残念ながら、理屈で世界ができているわけではないので説明ができないことだらけになります。株でも国内政治でも国際情勢でも、理屈をこねては当たっただの、外れただの、対象からすればどうでもいいことばかりで一喜一憂して、日々がすぎてゆく。もっとも、昔からこの種の人はいたのでしょうが、「考えること」と「行うこと」がこれほど乖離している時代というのは、珍しいように思います。

 これほど、考える材料が豊富にあり、自由に情報を発信できる時代というのは10年前には想像もつきませんでした。私みたいなどうでもいい人がブログなるもので「寝言」を書くというのは、さすがに、私のない頭では想像もつかなかったです。他方で、ふと、まるで自分が変わっていないことに驚かされます。考えることが趣味であるというのは、今でも10年前でも同じ。考える内容の変化に、人は目が向いてしまうようですが、考えるということ自体に思いを致す人が少ないということも変わらないことに、驚くとともに、世の中というのは、変わらないものだと思ったりします。このあたりが「唯脳論」の限界でしょうか。

 昔、全体主義が「自由」からの逃走であるという主張の本を読んだ記憶があります。「からの自由」ではなく、「への自由」が肝心だとか。この種の言説を読むと、腹の底から笑いが止まらなかった記憶が蘇ります。いまだに「考えること」と「行うこと」が別であるという発想から自由になれない人が多いことに、失礼ながら、笑いが止まらない。このあたりは年季の入った東洋思想でもダメですね。「知行合一」と言った瞬間に「考えること」と「行うこと」が別であるという発想に囚われてしまうことをつい忘れてしまう。「行い」を「行い」とする「私」とはなんであるのか。そこらにある哲学書や思想書を捨てて、手ぶらで考えることができない間は、同じことの繰り返しなんだろうなあと思ったりします。

 あんたはどうなのって?

 まあ、人生自体が「寝言」、あるいは悪い冗談みたいなものですから。「思い通りにならない現実」というものに触れるたびに、すなわち、生きること自体が考えることですから、なにも不自由なことはないですね。それにしても、自由とは不自由のことであるという簡単なことがわからない現代人が多すぎる気がしますが。 
posted by Hache at 03:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言