2006年11月14日

やじゅんさんの「テロ」

 この記事をどのカテゴリーに入れるのか、迷った挙句、「幸せな?寝言」にしました。なんとも複雑な心境ではあるのですが。まあ、こんな程度のことであれこれ考えていること自体、幸せでしょうね。

 管理画面を見てちょっとびっくり。「さくらのブログ」管理画面には生ログがないので詳しいことはわからないのですが、リファラー(リンク元)でやじゅんさんのところからいらっしゃった方が累計で150(ページビュー数)近くありました。トップページでリンクをはっていただくと、驚くべき効果です。2006年5月25日の「テロ」のようなおっかない事態にはなりませんでしたが(翌日の訪問者数が1,054、ページビュー数は2,172を記録する大惨事になりました)、月曜日はあまりアクセス数が伸びないのですが、月曜日は一気に2,000(ページビュー数)を超え、週のピーク時なみになっておりました。おそらく、こちらにきていただいた方は、やじゅんさんのコメントを期待されていたものと思います。管理画面でも、リンクしていただいたページにアクセスが集中していることがわかります。

 申し訳ないのですが、やじゅんさんにコメントを投稿していただいたにもかかわらず、管理画面にも反映していないようなので、こちらにはコメントを確認するすべがないのです。復旧も不可能な状態です。11月8日の記事にコメントしていただいたときには正常に反映しておりますので、一時的に障害があったのかもしれません。やじゅんさんのファンの皆様、誠に申し訳ありません。

 この記事を書いた後に、やじゅんさんからコメントを投稿していただきました。心より、感謝いたします(コメントをしていると記事になりそうなので、リプライはしばしご猶予を)。やじゅんさんのファンの皆様は、こちらをご覧ください。こんな具合ですので、おわかりでしょうが、仕事をしながら、煮詰まると、ブログの記事を書いているというすちゃらかな生活をしておりまする。続きは、くだらない話ですので、飛ばして頂いて、最後だけ読んでいただければと存じます(この記事をご覧になっていたらですが、とくにかんべえ師匠は途中はどうでもいいので、最後を読んでおくんなまし)。

 「さくらのブログ」に移ってから、3ヶ月目に入っておりますが、ココログで運営していたときよりもページビュー(PV)のカウントが甘いようで、大幅にPVが増えております。ココログのときには一日あたりで1,000を超えることは少なかったのですが、「さくらのブログ」に変えてから、1,000を切
る方が少なくなって明らかにインフレ気味です。訪問者数は、200−500の間をうろうろしているので、こちらはココログと変わらないようです。移転してから、PVの約95%がブックマーク(RSSリーダー等を含む)からになりましたが、ふだんは雪斎先生のところから一日あたり15前後、やじゅんさんのところから10程度、恒常的にアクセスがあります。

 ココログのときの累計アクセス数が73,361、2006年5月18日から2006年8月23日までで訪問者数がのべ27,793でした。「さくらのブログ」では訪問者数は、1ヵ月ごとのネットの数字でしかわからないので(のべではなく、一ヶ月間に同一IPから何度アクセスがあっても、カウントしないようです)、アクセスカウンターでダブルカウントをしない設定にして訪問者数の概数をだしております(現在表示されているアクセス数は訪問者ベースでココログから移転時の27,793で初期設定しております)。











「さくらのブログ」以降後の訪問者とPVの推移
期間 訪問者PV
2006年 8月1,263 7,550
2006年 9月4,19135,859
2006年10月4,28048,805
2006年11月2,03721,732
――113,946

(2006年8月は22−31日、11月は1日から13日までの累計)


 PVは累積ででてきますが、訪問者数は同じ月でも異なる日の訪問者をダブルカウントしない設定になっているようです。10月の場合、一日あたりのPV数が900−2000程度ですので、累積数でしょう。他方で訪問者数は250−500程度ですので(平日が400前後、土日・休日が300前後です)、累積でゆくと控えめに見ても、1ヶ月でのべ10,000程度のはずですが、1ヶ月単位で集計すると、上記の数字になります。なお、ブログ開設以来のPV数は187,307です。自分でも書いていて、くだらない話は以上です。

 ふう。それにしても、やじゅんさんの意図せざる「テロ」もこわいです。かんべえ師匠は、5.25以来、「核保有」を宣言した上に「通常戦力」(まさかと思いますが、マールとルッカがかんべえ師匠(タッチー)の話をしているわけではないのでしょうが)を充実させてきているので「テロ」をしてきたら、死なばもろともでございます。かんべえ師匠に「けち」をつけているのは「テロ」の抑止が主たる目的ですが、経営学や経済学を適切に理解しないまま、中身に踏み込んだ上で「役に立たない」(「不規則発言」2006年8月23日)というのに腹の虫が収まらなかったということも大きいです。競争均衡における生産者余剰をかんべえ師匠に説明していただきたいものだと思ったりしましたね。この記事を読み返すと、精神衛生に極めて悪い。精神衛生に悪いものを読んで、腹を立てるのは読む方が悪い。というわけで、この問題で腹を立てる側の方がおとなげないと気がついたので、この記事で忘れることにいたします。ほかの記事は、拝読して勉強になることが多いので、こんなくだらないことにこだわる私が幼稚なのでしょう。

 ただし、「テロ」は別ですよ、「テロ」はね。「時の最果て」の名にふさわしくないアクセス数は、この言葉は使いたくないのですが、私の「美意識」に反します。

 とまれ、やじゅんさんのファンの方が多いことに脱帽いたします。アクセス数が増えるのはあまり嬉しくないのですが、やじゅんさんのファンの方に貢献できるのなら、やはり幸せなことでしょう。こんな鄙びたサイトに迷い込まれてしまった方に、感謝の念をこめてこのサイトの「お約束」を捧げます。

ここは「時の最果て」、すべては「寝言」。

おやすみなさい。
posted by Hache at 01:11| Comment(2) | TrackBack(1) | 幸せな?寝言