2007年02月14日

ルサンチマン

 昔、「君のルサンチマンは何?」と尋ねられて、理解ができませんでした。こういうことを尋ねてくる方とはどうもウマが合わなくて、ご自身の怨恨感情で行動しているから、お前もそうだろといわれても、どこか白けてしまいます。このタイプの方は妙に上昇志向が強くて、しかも他人を幸せにすることがほとんどなく、関わりたくないなあと思ったりします。奇妙な「明るさ」とセットだったりするので、なおさらテンションについてゆけない。見たことはないのですが、どうせ心の中は闇なんだろうなあと思います。仕事でやむなくお付き合いをするときには、バカなところだけあわせて心の中では「人生いろいろ」と思ったりします。率直にいってルサンチマンはわからないです。露骨に言ってしまうと、あなたが人生を棒に振るのは勝手だけれど、私を巻き込まないでねというところでしょうか。

 もっと困惑したのが、「コンプレックスがないでしょ?」というお尋ね。ないわけじゃないですよ。頭が悪い、性格が悪い、もてない、デブである、などなど。「でも、真剣に悩んでいないでしょ?」と言われてしまうと、否定できない悲しさがあります。悩みの一つぐらいもたなくては、人生に重みがでてきません。体重は、重力を感じる程度には重いのですが。ちょっとは「不幸」がないと、この年齢では軽く見られるので、バレンタインデーで本命がもらえそうにないことで落ち込むことにいたしますか。

 そんな私でも底意地が悪いところがあって、「頭じゃわかるけど、行動となると…」などとおっしゃっている方を見ると、微苦笑を禁じえません。それってわかっていないってことですけどとは間違っても漏らさないのですが。変に書物が増え、考えることと行動することが分離してしまって、「わかる」ということを「わかる」体験をした人がどんどん減っている、そんな「寝言」がつい浮かびます。 
posted by Hache at 02:46| Comment(7) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言