2007年02月28日

2007年2月完走の御礼

 なんとか2月は毎日、記事を書くことができました。なぜ、このようなあまり意味がないことをやり始めたかといえば、実は自分でもわかりません。陸上、それも長距離をやっていたせいでしょうか、自分で一度こうと決めると、融通がきかなくなって、最後までやらないと気が済まないようです。

え゛っ、それはあんたの性分だろうって!

陸上とかそういう問題じゃない!?

 ……失礼しました。高橋尚子さんを初めてテレビで見たときに衝撃を受けました。とうとう女子マラソンもここまで来てしまったのかと。負けず嫌いさが美しく表出していて、強烈なまでの意志の強さを感じました。どのスポーツでも「負けず嫌い」や競争心は当然ではあるのですが、個人競技は妥協」すれば簡単なので、個人の克己心がストレートに反映します。私ごときが申し上げるのは憚られますが、女性の社会的地位を高めているのは女権論者ではなくて、高橋さんのように知名度が高くなくても、実際に活躍している方たちなのだろうと思います。

 話がそれましたが、とりあえず、カレンダーを埋めるというどうでもいい目標を達成して、本当にどうでもいいのですが、妙に充実感があります。ふと思うに、基本的に自己実現という高尚なレベルで生活しているのではなくて、単に自己満足で生きているようなものだなあと思います。1年間、書き綴ってみて、しみじみ実感するのは、もう本当に進歩しないなあという嘆きです。社会の進歩には懐疑的ではあるのですが、自分が進歩しないことにはやはり鈍感ではいられません。別にブログなど書かなくてもわかりきったことではありますが、自分がたいした人間ではないことを再確認するぐらいの意味はありました。3月からどうするのかは実はなにも考えていないのですが、こんな調子になると思います。まあ、人生自体が「寝言」のような悪い冗談でありまして、「時の最果て」もそのおまけと申しますか、副産物。「汚染物質」を垂れ流しているような気もしますが、見なければ済む話しだしと開き直る自分がいてちょっと鈍感になりすぎですね。

 人生を旅に喩えることが少なくありませんが、いつ、どこが出発点で、いつ、どこで目的地に来るのかさえ、見当がつきません。下品かもしれませんが、そんなことを考えたところで、お金になるわけでもなく、人間性が高まるわけでもなく、あまりご利益はなさそうです。露骨にいってしまえば、「病気自慢」みたいなものでありまして、まあ、その程度の効能は書いている本人はあるのだろうと。ただ、病気自慢も、ある水準に来ると、「詩」のようになるわけで、そのような境地はほど遠いと思いつつ、彼方を見ている、そんな感覚です。まあ、そんな業病にとり憑かれた人間であることを自覚させてくれた一文をご紹介して、今月最後の記事とさせていただきます。

 われわれが以前の自然科学よりもより多く知っているのは,認識可能なもののすべての領域に通じる通路の確実な出発点は何もないということ,むしろかえって,すべての認識は,いわば,底なき深淵にただよわなくてはならない,ということであり,そうして,われわれは,いつも,その中間のどこかで,適用することによってはじめて一層明確な意味を次第にもちうるようになる概念を用いて実在を語ることにとりかからなくてはならないということ,そうして,論理的,かつ数学的な正確さについての要請をことごとく満足する最も明確な概念体系でさえ,限られた実在領域内でわれわれに行くべき道がわかるようにしようとする暗中模索的な試みであるにすぎない,ということである(ハイゼンベルグ(田村松平訳)『自然科学的世界像』 みすず書房 1979年 124頁).
posted by Hache at 01:13| Comment(7) | TrackBack(1) | ごあいさつ