2007年05月23日

とりとめのない「歴史談義」

 政府レベルの「日中友好」のおかげか、民放が「呪縛」から解放されたように、中国の「ヤバイ話」を報道しているようです。佐藤空将のブログに書いていることあたりが、リアルタイムで耳に入ってくるので、「八・一五」の呪縛が解けたのだなあと思います。周囲で「反中厨」が増えているのですが、「へえ」でスルー。海外で親日家ばかり会っていますし、国内では親日的な中国人、韓国人ばかり相手にしているので、「反中」、「反韓」というのはついてゆけない部分があります。もちろん、国と国との関係は別で、こちらは厳しいことも当然書きますし、本人を目の前にしていうこともあります。それで去る程度なら、その程度の関係と割り切ってつきあわないと、彼らとつきあうのは難しいです。

 そうはいっても、政治ぬきで語り合うのは楽しいもので、10年ぐらい前でしょうか、四川省出身の女子留学生の家にみんなでお呼ばれして鍋をつついたときは、楽しかったです。「気分しだいの『らんま1/2』」カテゴリーがなぜか三国志ネタで盛り上がっておりますが、「四川省なら諸葛孔明でしょ?」とばかりに話をしたら、「孔明を日本の人が知っているんですか?」ととても嬉しそうにしていたので、こちらがびっくりしてしまいました。「出師の表」の冒頭部分をそらで読み上げると、今度は彼女が目が点になって、「どこで読んだんですか?」と尋ねられて、小説や正史の日本語訳を教えてあげると、びっくりしていた様子でした。中国といっても、滅茶苦茶広いので一括りにするのは無理がありますが、やはり三国志の時代は『演義』が主流になっているようで、正史を日本人が知っていること自体が驚きだったようです。さすがに「董卓プレイ」(別名「鬼○プレイ」の話はしませんが。

 私が困ったのが、関西の方に名古屋出身だということを言った途端に「なぜ、織田信長や豊臣秀吉は名古屋を首都にしなかったんだ?」と聞かれて今度はこちらが目が点に。まともに当時は京都が政治・文化の中心で、堺は商業都市じゃないですかとついつい「ネタにマジレス」をしたら、そういう問題じゃないとのこと。司馬遼太郎さんの影響のおかげで当時の尾張が先進的だったというイメージが過度に広がっている印象がありました。ただ、信長が本能寺でやられなかったら、統治の中心をどこにおいたのかを想像するのは、楽しいことに気がつきました。いずれにせよ、清洲や岐阜はないとは思うのですが。

 一番、閉口したのは学生時代に韓国人留学生に「日本が近代化に成功して李氏朝鮮は失敗したのはなぜでしょう?」という問い。これは話が大きすぎるなあと思いつつ、苦し紛れに江戸時代の幕藩体制下の武士と両班の違いと李氏朝鮮がいったんは「攘夷」に成功したのに対し、幕府は開港を強制されたことなどを挙げると、考え込んでいました。今でも、この問いに答える力はないのですが、旧支配層に柔軟性がないと体制移行がそもそも進まないですし、進んだとしても混乱して急進化しやすいことがひとつ。西洋文明の受容は、東洋思想で凝り固まっているところでは難しく、日本の場合、黒船のおかげで、開港を余儀なくされ、そのことが政治的な反発や物価騰貴など経済的混乱を招いた側面もありますが、西洋文明の強力さを知ってその先進性に学ぶ人たちを生むきっかけになった側面もあるのだろうと。もちろん、素人的な話で本気でそれで説明がつくとは思わないのですし、暇を見つけてはいろんな角度で考えてみたい問題です。

 最近は、昔よりも中国や韓国の留学生と接する機会が以前よりも少なくなったので、古臭い感覚でしょうが、彼らは日本が好きで留学しているのですが、当然のごとく、そのほとんどが同時に愛国者でした。塩野七生さんは、海外で日本の悪口を言う日本人の「識者」に嫌悪感を書いていたことがありますが、私が接した中国人や韓国人はまったく対照的でした。とくに、中国人のナショナリズム(ただし、からなずしも排外主義的ではない)はやはり日本人の比ではない。ただし、共産党の一党独裁には天安門事件後は表立って批判する人は皆無といってよい状態になりましたが。中国人が中国を愛することは当然であって、それ自体は批判するのは筋違いというもの。また、「民主化」に過度に幻想をもつのは危険だと思います。ヨーロッパや日本を見れば、失敗を経ない限り、排外主義的なナショナリズムと民主主義はかならずしも共存不可能ではないように見えます。もちろん、中国は私が考えているより進歩しているのかもしれません。しかし、中国が経済的に成長し、その果実を軍事に注いでいる現状を考えると、ナショナリズムがもつ排外主義的な傾向を抑止すると同時に緩和する用心深い対応が不可欠だと思います。中国の「後進性」を嘲笑するのはたやすいことですが、肝心なことは中国のナショナリズムを日米が緩和し、排外主義的な側面が前面にでないよう誘導し、抑制し、最悪の場合には抵抗する手段を確保する細心の注意と具体的な措置を講じることをおさおさ怠りなく実行することだと考えます。
posted by Hache at 02:10| Comment(4) | TrackBack(0) | まじめな?寝言