2007年09月14日

中日優勝!? かんべえさんの「大予言」

 「時の最果て」にしては、重たい、軽くても自分でもスクロールするのが面倒になるぐらい長い(「大航海時代(完結編(長い、長すぎる))」を読まれた方にあれはひどいんじゃないのといわれてワードにコピーしたら、なんと40文字36行の標準書式で26頁)を越えておりました)話が多かったので、今日は軽めに。あの、「ダメ虎」時代からの筋金入りの阪神ファンであるかんべえ師匠が、信じられないことに中日のリーグ優勝を予言されました(以下、「不規則発言」(2007年9月13日より引用))。そこはかとない、ちょっとした嫌味とかんべえ師匠への「異常な愛情」を感じていただければ、幸いです。

〇目下のレース状況はこんな感じでしょうか。

麻生:阪神(目下首位。熱狂的ファンを有するが、疲れも見える)
谷垣:巨人(準備万端で先行するも、抑え投手に死角ありか)
福田:中日(地力は一番。まだ本気を出していない)
額賀:横浜(まずは参加することに意義がある)

〇現実のプロ野球以上の名勝負となれば、党再生への足がかりも見えてくるかもしれません。さて、9月23日の総裁選では、誰が笑うのでしょうか。

 実は、野球中継なるものを見る根性も気力もない元中日ドラゴンズファン(名古屋や浜松に帰るときに「非国民」扱いされぬよう、「空気を読んで」現役のふりをするべく、必死にスポーツ紙の過去記事を読んでゆくというわれながら涙ぐるしい努力をしております。うう)なので、正直どうでもよいのですが、この順番でゆくと、横浜はプレーオフさえ参加できない(ゲーム差からすると、プレーオフは阪神、中日、巨人でしょうか)というのが決まったようです。他方で、危うし阪神。個人的には今年ぐらい巨人優勝でいいじゃない、阪神と中日の寡占状態というのもなあという感じ。しかるにかんべえ師匠の「予言」によると、これは中日で決まりでしょうか。シーズンでは阪神が制し、プレーオフで中日がまさかの2連勝(3連勝でもいいんですけれど)。歴史的に見て「短期決戦」にお世辞にも強いとは思えない(忘れもしない1994年の「10月8日決戦」もありますし)中日が、プレーオフで阪神に勝てるとは思えないのですが、かんべえ師匠の予測の的中率はおそろしいので、中日がリーグを制することが濃厚に?もちろん、「地力は一番」という、山本(昌)を昨年まで骨の髄まで憎んではいたものの、今年の凋落もあり、やはり敵ながらできるという、にわかではない、筋金入りの阪神ファンらしい奥ゆかしい評価なんでしょうか。

 ちょっとだけまじめな話(?)を書くと、私が入院している時期に年金「未納」問題でバカ騒ぎをしておりました。点滴を24時間体制でやっていたので、動きようもなく、珍しく昼間からテレビを見ておりました。あのときの印象は、菅民主党代表(当時)が「お前、包○だろ?」と因縁をつけて、「お前が○茎じゃないの?あんたに言われたくはないね」と突っぱねて、よくわからない展開ですが、「じゃあ、一斉にズボンを降ろすぜ」という話になって、小泉総理(当時)は一皮も二皮も剥けた状態だったけれども、菅代表も福田官房長官(当時)も「○○」だというのがばれて、見ていて勃○しない、もとい萎える、あんたたちの「パンツ」の中なんて興味ないよと叫びたい状態のときに、福田長官がさっくり辞任されたのを思い出します。余談ついでに、福田長官が去った後、官邸は大丈夫だろうかと思いましたが、なんとか危機を凌いだという感じで、あの時期には小泉総理も任期を全うされるのかなと思いました。

 ポスト安倍にはあまり興味がないと言いますか、やることはとりあえず、混乱の収拾と小沢民主党と上手にお付き合いできる方というところなので、お名前が挙がっている方の中で誰が望ましいのかはわかりません。全員、未知数と言ってよいぐらい。福田さんには「数の論理」という批判もあるようですが、今、自民党がバラバラになるのもちょっとおっかない感じ。政治的ポジションを懸念する方も少なくないでしょうが、現状では日米同盟という基本をおかしくしなければよいわけで、福田さんがそこまであれかなあと。いずれにせよ、突然の総理辞任を受けて事態を上手に収拾できるかが決め手で、その能力に関して福田さんが一番なら、それでよいというのが、ありきたりな感想でしょうか。

 「続き」で記しておりますが、失礼ながら、存じ上げないサイトから20件以上のトラックバックが来ており、すべてを確認するのが面倒なので、一括削除もありうることを記しておきます。コメントを賜ったことのある方やご面識を頂いている方からのTBを最優先で承認しておりますが、わからないサイトに関しては保留の状態のまま、場合によっては一括削除いたします。


続きを読む