2007年09月18日

グリースパンの「暴露」? イラク戦争と原油「利権」

 なんだかいろいろ慌しいです。時事通信は、「『イラク開戦の動機は石油』=前FRB議長、回顧録で暴露」というタイトルの記事を配信しています。記事では、「17日刊行の回顧録で、2003年春の米軍によるイラク開戦の動機は石油利権だったと暴露」とあり、イラク戦争の「本当の理由」が石油利権の確保であったと読める記事になっています。まず、回顧録のタイトルは、"The Age of Turbulence: Adventures in a New World"です。私は、この本を入手しておりませんし、531頁もあるそうなので、手が回りそうにありません。と言うわけで、超手抜きですが、Washington PostがネットでB.Woodwardによるインタビューを配信しているので、そちらをとりあえず訳してみましょう(うっかりしておりましたが、Washington Postが配信した記事はこちらです)。と申しますか、迂闊にも、アメリカの主要紙でまず話題になっていることを見落としていて、たまってくると面倒になって削除してしまう英字紙のメールで目に付いたのでざっと目を通しておいたら、日本語では、グリーンスパンがイラク開戦の動機は石油利権だったと暴露したとあって、目を疑ったと言うところです。

 以下、ウッドワードによるインタビューを読むと、グリーンスパンの発言は、いわゆる「石油利権」そのものではなく、国際石油市場の安定に関するものであることがわかります。むしろ、驚くのは、ブッシュ大統領やチェイニー副大統領を中心に、グリーンスパンの進言に耳を傾けていなかったことです。これは、驚きと申しますか、イラク開戦前夜は、石油市場の混乱や世界経済の「カオス」はあまり考慮されず、純粋に安全保障上、地政学的な立場が戦争を主導していたことを、裏返して感じさせます。

 他方で、ウッドワードは、"Iraq: Goals, Objectives and Strategy"で"to minimize disruption in international oil markets"という項目が戦争目的に含まれており、石油利権に関する「疑惑」についても、全否定はしておりません。どうも、この部分だけが一人歩きしているのか、先週のグリースパンのあまりに不用意な発言が一人歩きしているのかわかりませんが、石油利権がイラク戦争の「本当の理由」だという報道が世界中を駆け巡っているようです。

 グリーンスパンの発言を注意深く読むと、彼が警戒していたのは、第1に、国際原油市場の混乱による世界経済の「カオス」であることがわかります。第2に、サダム・フセインがホルムズ海峡を支配して世界経済への脅威となることです。このインタビューを読む限り、グリーンスパンは、イラク戦争が石油利権の奪取だったと暴露しているのではなく、彼が世界経済の混乱を警戒しているのにもかかわらず、ブッシュ政権がそのことに鈍感だったことを「暴露」しているように読めます。このグリーンスパンの認識が正しいとして、問題は、そのことがその後の世界経済にどのような影響を与えたのかということですが、私の手に負えそうもありませんので、割愛いたします。

 それにしても、著名な方の発言というのはこれほどまでに影響力があると同時に、曲解されることがあるのだと驚きました。以下に、ウッドワードによるインタビュー全文の訳文を掲載しております。訳文がこなれておりませんので、誤訳等、お気づきの点がございましたら、ご指摘ください。それにしても、朝からヘロヘロ。今朝、1時間ちょっとで慌てて訳したので、原文を御覧になることをお勧めします。



続きを読む