2007年09月24日

福田新総裁誕生と民主党の「チャンス」

 ええ、最近の「恒例行事」となりましたが、まずは『溜池通信』へのツッコミです。と申しますより、「安倍とんぼ」にしみじみしてしまい、『溜池通信』よりも情緒あふれるという点で、はるか上位に位置するサイトを「発見」しました。会見をライブでは見ることができませんでしたが、拝見して気分が変わりました。今は、闘病に専念されて、いつの日か、ご自身の「再チャレンジ」を拝見する機会を期待いたしております。

 さて、本題の前に、早くも、「(゚听)」から「フフン」に乗り換えたかんべえ先生。さくらさん(この方こそが真の「影の総帥」であります)仕込みということで畏れ多く、ツッコミをいれるのは無粋ですが、いろいろいじりたいですね。

〇さくらさんから教えてもらったんだけど、自民党内では「フフン語」が流行しているのだそうだ。さっそく真似して使わせていただこう。

> クライアント「原稿の進み具合はどうですか」
> 解答例:
> 「淡々と、一生懸命やってます」
> 「まあ、今すぐ出せるならそれが一番いいですよ。
> いいですけどね、しかしあえて申し上げますと、時間がかかる原稿というものもある」

(『溜池通信』「不規則発言」2007年9月24日分より引用)

 「添削」しようと思ったのですが、私が「借金取り」だったら、マジでむかつきますな。やはり、「フフン語」は福田新総裁の「専売特許」ではないかと。やはり自由民主党総裁をなめてはいけません。市井の人が使うのはちょっとおよしになった方が。普通の人なら、二文目以降はこうでしょうかね。

 まあ、今すぐ出すのが本来望ましいですね。望ましいんですけれども、あえて申しますとね、時間がかかるというのも問題だということは認識しておりますけれども、早ければいいってものでもない。両方の共存ね、共存、じゃなかった共生、じゃなかった両立かな。

とりあえず、「フフン語」は、自民党内のみで通じるというところでしょうか。少なくとも私みたいな素人にはお勧めできない。

 このところ政治ネタが多くて、そろそろ頭を切り替えたいのですが、やはり内閣の顔ぶれが気になります。党四役は深読みする方も多いようですが、幹事長は、自民党と関係がないので平気で書けますが、小泉政権下でずいぶんと軽い役職へ徐々に変化し、「選挙の顔」から「偉大なるイエスマン」になり、安倍政権下での麻生幹事長は特別でしょうが、流れが意外と変わらないなあと。ここから先は、おこがましくて書くのが憚られますが、伊吹氏の幹事長就任でで文部科学大臣は入れ換えなくてはなりませんが、そのまんまで麻生総理、福田官房長官というのを見てみたいなあと。こうなると、『朝日ニューススター』の記者会見を毎日録画して、育ちも悪いが口も悪い総理を必死に支える福田官房長官を拝見できるわけでして、以前、ビデオリサーチにCATVを備えているご家庭の視聴率のデータは貴重ですからと丁重にお願いされましたが、あんまり見ないのでごめんなさいとお断りしたのが少し悔やまれます。まあ、「時の最果て」だから、なんでもありですね。

 それにしても、総裁直属の選挙対策委員長というのは、自民党のお家事情が大きいのでしょうが、裏舞台がわからない私には、いよいよ「王手」がかかっているんだなと実感します。素人目には、自民党というのは外から見ていてうんざりするようなお家騒動を起こして救いようがない状態に陥り、もう終わりかなと思っていると、いつの間にか、復元している。自民党自身にそれだけの実力があったからでしょうが、野党がその隙を与えたともいえるでしょう。もっと露骨に言えば、日米同盟の下では、同盟を支えるという明確な意思を示していた政党は自民党であり、野党は表向きは反対を唱えながら、壊す力がなく、自民党が揺れても、所詮は「コップの中の嵐」でした。もっとも、日米同盟も、「揺るぎない同盟」ではなく、ニクソンショック後の対中国政策では離反しかねない状態がありましたし、日米構造協議のときにもやはり決別しかねないところまでいってしまいます。今後が「第3の危機」となるかは、確言するほどの裏づけはありませんが、米朝の接近、さらに米中の接近は朝鮮半島情勢だけでなくいろいろな点から指摘されています。この時期に、「コップの中の嵐」で済むのかといえば、自明でしょう。

 さらに、敢えて不安材料を挙げれば、福田新総裁は「テロ特措法」に関して積極的な姿勢を示しているものの、日米同盟の強化には積極的な発言がありません。小泉政権で繰り返しでてきた「国際協調と日米同盟」という二本柱のうち、後者の位置づけが曖昧になっている印象があります。なにか底意があるわけではなく、参院で第1党となった民主党にとっては、戦後、日本社会の安定を支えてきた根幹を担う政党であることを示す絶好の機会でしょう。海自の給油活動がどうとか、国連決議がどうとか、よほど細かいことを気にする方はともかく(高いところから物を申すようで気が引けますが、PKOが集団安全保障の機能不全から生じたということもわからない方のほうが多数ですから)、自民党新総裁よりも日米同盟を強化する、そのような姿勢を見せるだけで、国内のコンセンサスを堅固にし、将来、政権をとったときにも、国民の不安を煽ることはないでしょう。

 ネットやメディアでの民主党所属の議員の方々の記事や発言を拝聴して不思議なのは、自民党の「対案」待ちという姿勢です。「後手の先」という場合もあるのでしょうが、この場合、コンセンサス形成でイニシアチブをとってしまえば、「テロ特措法」延長という、安倍総理の辞任がなければ地味な話題(メディアが大々的に報じても)だった問題で、コンセンサス形成をぶち壊しに下のではなく、積極的に参加したというイメージが残るでしょう。政党政治に駆け引きはつきものですが、自民党がはっきりしないうちに、議論を整理してしまえば、年金などでは優位ですから、政権交代も視野に入るのではと思います。まあ、素人の浅知恵ではありますが。「丸呑み」をおそれる必要はなく、報道しだいの部分もありますが、コンセンサス形成で自民党を「致す」形になれば、十分でしょう。このコンセンサスが崩れると、この国はどこへゆくのかわからなくなる、決定的な問題ですから。

 もっとも、それができたら、こんな「泥沼」にはなっていないのよねとこのところ脱力系の「寝言」ばかりですが。


続きを読む