2007年09月26日

福田新内閣への雑感

【冒頭ですが「追記」です】

 かんべえさんのことをすっかり忘れておりましたが、「不規則発言」を拝読したところ、「フフン語」の一般使用例について多くの指摘をなさっている方がいらっしゃるようで、まだまだ、「愛情」と修行が足りないことを自覚しました。なお、「フフン」の「王者」は、なんと、ベルギービールであったとは驚きです(参照)。この点でも、十分な「調査」を怠り、『溜池通信』に唾を吐きかける行為をした結果、10件近い『溜池通信』関係のTBが届くという「天罰」を受けました。今まで、散々、『溜池通信』の名を出しているはずなのですが、突如としてTBが数時間で10件近くも届くというのは、かんべえさんの「フフン語」への理解の至らなさに天が与えた試練であろう、そのように考える次第です。もっとも、「天の声も時には変な声もある」という「名言」もあり、「フフン語」の源にも思いを致さなければならぬと痛感いたします。(「追記」了)

 福田新内閣誕生ですが、「時の最果て」では「寝言」らしく、この表記でいいのかしらんと考え込んでしまいます。認証式を経て正式に発足ですが、福田赳夫内閣と福田康夫内閣は姓だけですと、かぶってしまうどころか親子で総理なので、ちょっと気になるところ。雪斎先生の「男も女も黙って働こう内閣」も福田赳夫元総理の発言を下敷きにしているでしょうから、けっこう両方にかぶる話をするときには悩ましいという本当にどうでもよいところで考え込んでしまいます。

 閣僚はさすがにメディアも概ね予測したとおり、留任。前内閣発足時にも派閥がどうとか叩かれましたが、どうでしょうね。福田新総理によれば、派閥ではなく「政策研究グループ」あるいは「政策集団」ですから、政務に強い方、党務に強い方、それぞれでしょうから、「分業」は当然で、実力者が就任するのは当たり前だと思います。むしろ、実力のある方が、「日の当たる」ところへ出ないほうが変。問題は、実際に「機能」するかですが、こればかりはやってみないとわからない部分が多いですし、民主党の対応にも依存する部分がかつてなく大きいので評価は保留というところでしょうか。

 敗れたとはいえ、善戦した麻生前幹事長(現時点で「前」とつけるのが適切かどうかはわかりませんが)が「事実しか書かないんだよな」と高く「評価」された『朝日』を読んでいて、目が釘付けに。派閥重視で党「四役」を決めたという論調でありながら、伊吹氏の幹事長就任は党内でも驚きだったというあたりはそうだろうなと。地上波ではしきりに古賀誠氏の幹事長就任という話が流れていて、お会いした瞬間に「組長」もとい「親分」と申し上げそうな方をテレビ出演が多い幹事長というのはきついだろうなあと。右が騒ぎそうですし。伊吹さんだったら、「ほこりがあるようですが」と突っ込まれても、「ああ、ほこりね。ほこりかな虫かな。とりあえず、払いましたけど。フフン」とちょっと違う「フフン語」が達者でしょう。伊吹幹事長を表の顔に立てながら、古賀選挙委員長が従来の幹事長の仕事を仕切るというのは、なかなかできた絵ですな。かんべえさんが大嫌いな京都にお住まいの方をいじめる簡単な方法に、「京都人は腹が黒いから」という常套句があります。当然、向こうは言葉やわらかに否定しますが、「京都の、あの大先生がいらっしゃるじゃないですか?」なんて意地の悪いことを申しますと、さすがにほとんどの場合、二の句が継げず、絶句した後に、京都「市」ご出身の方ですと、「あの方は京都市内ではありませんから」などというお答え。このあたりで止めておくのが、人情というもの。そんな方も睨んでいて、とりあえずは「お家騒動」は当分は見えないですかね。以上、「事実しか書かないんだよな」という高い「評価」(「皮肉ってわかってる?」は「著作権」に問題あり?)をえている『朝日』を読んだ感想。

 「派閥重視」と叩かれいているのを拝見すると、ちょっと気の毒だなあと。仮に麻生さんが総理・総裁でも、安倍総理の辞任で注目を浴びるようになった「テロ対策特措法」がらみの問題を合意争点化するのがメインの仕事にならざるをえないでしょう。「ガソリンスタンド」というご批判もあるのでしょうが、テロ攻撃を受けたアメリカがイギリスとともにテロ組織を撲滅する戦いに(海上)自衛隊が憲法上の制約から、武力行使と一体化せずに(書いている本人には意味がわかりませんが)、そこにいて戦闘には参加せずに活動している(無責任ですが、書いておきながら白ける表現です)というだけで値打ちがあるわけでして、「法理」は後からついてくるから、さっさと合意争点化しなさいよと思いますね。

 一年近く前に「核武装発言」で「アメリカの核の傘」をライス国務長官に明言させたのにもかかわらず、「ごめん、野党が物分りが悪いんで」では済まないでしょう。可能性はほとんどゼロですが、この国が核攻撃を受けた際に、アメリカが自国が核攻撃されるリスクをとってまで守るという堅い誓約を軽く扱うものではないだろうと。だいたい、こんな話はアメリカに言われずして、さっさとこちらからやるもので、アメリカにお願いされてやるようでは値打ちが下がります。給油活動だって命がけですよ。死者がでていないだけで。

 「奇策」としては、「国際平和協力法」を適用して活動を見直すという手もあるのでしょうが、カンボジアでのPKOは宮澤元総理が3人目の死者が出たら、撤退を考えざるをえなかったというぐらい厳しいものでした。当時と今では情勢が異なるのでしょうが、命を賭ける国あるいは諸国との関係を維持するには、こちらも命を賭ける以外ないという発想には(傲慢な表現で含羞がありますが)、日本人はまだなじんではいないでしょう。「憲法」とか「国連決議」とか持ち出すと、関心が薄くなるわけで、政治上の「相互依存」の基盤は、互いに命を守るという、他に代替ができない関係にあるという発想に日本人が慣れるにはまだ時間がかかります。すべてを福田新政権に負わせようとか、期待しているわけではありませんが、この点は党派を超えたコンセンサスにならなくては、この国の存続に関わります。日米同盟の強化に取り組んだ上であれば、「アジア外交重視」なり、福田新総理の「味」を出されることになんの異存もありません。

 というわけで、「時の最果て」では福田新内閣は歓迎です。ただし、支持するには日米同盟の強化に本腰を入れるという条件がつきますが。当面は、安倍政権の「後始末」に追われざるをえないでしょうが、それだけで終わるなら別ですけれども、そうでないなら、明確に同盟強化を打ち出していただきたい。「保守論壇」から批判を受けている福田新総理が同盟強化を打ち出せば、「保守論壇」に反発している人たちから批判を受けるリスクもあるでしょうが、諦めもつきやすい。「単細胞」の発想ですが、民主党がコンセンサス形成に参加する前提は、「ハト派」というレッテルを貼る方もいらっしゃる福田総理が明確に日米同盟を強化する方向を明確にすることだと思います。主張するのは簡単ですが、実行となると難しい。期待値を極端に高くするつもりはありませんが、「親中」とか「親米ではない」とか、世評にかまうことなく、確実にこの国の安全を確保することに専心していただきたいと切に願っております。


 続きを読む