2007年11月02日

落合博満の面目 責任ある者の決断力

 泣いてしまいました。この日が来るとは…。期待しては裏切られ、期待値をゼロにした方が楽になってしまったあの日から、まさか日本一とは。いまだに夢を見ているような感覚で、言葉にならない部分があります。

 恥ずかしながら、気が小さい私は中日がボロボロになるのが怖くて、こちらを拝見して、3勝1敗となったというのを知って、ちとびっくり。逆に言えば、ここでダルビッシュが当然、登板するだろうと読んで、ドラゴンズの元ファンとはいえ、ダルビッシュ目当てで中継を見るというのはいかがなものか。いかがなものでではなくて、われながら、恥ずべきチャランポラン&ミーハーですね。

 家に帰った時点で1対0。よくダルビッシュから1点をもぎとったねえ、でも、これが限界だよなあとどこまでも弱気。正直なところ、ダルビッシュは男前で、クールでかっこいい。「裏切り者」と罵られるのを覚悟で書いてしまいますと、中日打線をあやすダルビッシュに見入ってしまう。ただ、中継で見たダルビッシュはイメージと異なって、ストレートでぐいぐい押すという感じではなく、テクニシャンという感じでした。解説陣から調子が悪いですねえという声が出るのですが、あのお、中日のバッターがバッタバッタ三振するんですけどという感じでした。データが出て、球種を見ると、意外と変化球が多く、若いのに、自分の調子を考えて無理をしないというのは感心してしまいました。山井も調子が良いようで、あっという間に試合が進んで、快適。ピッチャー交代のたびにCMで間が空くのが苦痛なので、投手戦の方が楽しいのです。7回表の日ハムの攻撃中にここまでパーフェクトですよという話がでてびっくり。一気に重苦しく、「へっ!?」と思いました。ダルビッシュからもう1点というのは苦しいなあと思っていたら、日本シリーズで「完全試合?」という信じられない状態です。こうなると、いつ一発を食らうのかとかくだらない心配で頭が一杯になってしまいます。しかるに、8回裏までファイターズ打線が打てそうで打てない。この辺はよくわからないです。ダルビッシュは、ヒットを打たれたり、歩かせたりするのですが、後続を無難にいなして点がとれそうにない。しかるに山井がパーフェクトというのはできすぎで、やはり中日びいきで見ているので、反動が怖い。どうなるんだと思って、「運命の8回裏」。

 アナウンサーだったかな、解説者だったかな、山井がキャッチボールをしてませんねと訝しげにしゃべっていて、まさかここで交代はないでしょ、岩瀬に代えた方が堅いけれどといくらなんでもねえとやっていました。これは、素人にはわかりません。頭では、前人未到の記録を負わせて投げさせるよりも、岩瀬に投げさせた方が、山井にとっても楽だろうと考えるのですが(万が一、記録を達成しても、その後、振るわないことも多い)、ここまでパーフェクトピッチングをしているピッチャーを降ろすのは尋常ではない決断力がいるなあと。8回裏の攻撃があっさり終わって、いよいよ9回表。

 落合監督がベンチを出る姿を見て、思わず、ゾクッとしました。アナウンサーが守備の交代もありますからとか言っていて、理解できない。もちろん、これは投手交代でしょと思いつつも、ゾクッとする決断でした。打たれれば、岩瀬はもちろんですが、落合も非難轟々。ドーム内は山井コール。表情を変えずに球審に交代を告げる落合監督。「非情」という言葉が解説陣からも漏れて、なんとなく違和感がありました。このまま投げさせた方が、楽というもの。シーズンだったら、交代はないのでしょうが、ここで山井が打たれて負けてしまうと、一気に流れが変わってしまう。岩瀬に代えるのもリスクがありますが、こちらが主導権を握ったままの交代で、リスクがないわけではないでしょうが、交代のタイミングをファイターズに渡すこともないだろうと。ただ、あれこれ説明を考えるのは簡単ですが、あの決断は私にはできない。ありとあらゆるところで「不作為の罪」を散々、見せられてきたし、自分でも同じことをしていることに気がつく者としては、戦慄とともに久々に決断する勇気を味わいました。責任ある立場の方たちが、責任ある者として当然のことを淡々とやれなかったことを思うと、あそこで交代させる落合監督に感服してしまいました。ウェットな日本の風土では嫌われるのでしょうが、その風土が責任ある立場の方たちに当然のことを避ける格好の土壌となっている状態に嫌気がさしているので、仮にヒルマン監督が同じ決断をしたとしても、同様の評価でしょう。失礼ながら、「空気を読め」とおっしゃる方たちがことをなしたことは、寡聞にして知らず。

 それにしても、山井の出来は異常でしたが、ダルビッシュの腰を割らない投球のおかげで、テンポが良いながらも、緊張感のある試合で久々に途中からとはいえ、野球中継に釘付けになってしまいました。そして、落合博満の責任ある決断。書いているうちに53年ぶりの日本一とかはどうでもよくなって、「劇」を堪能して満足した状態ですね。それにしても、前回の日本一のときに「(生後)11ヶ月」だったという落合監督。もうそんな年齢だったのねとちょっと意外でした。
posted by Hache at 00:03| Comment(4) | TrackBack(1) | 幸せな?寝言