2007年11月24日

進歩する世の中 進歩しない私

 USBメモリーにデータがない。それがすべての始まりでした。これでは仕事にならないので、久々に『三国志11』でもと思ってディスクに入れてプレイを始めたのが失敗でした。1分程度で画面がブラックアウトしてどうにもならなくなってしまいます。しかたがないので電源を切って再度チャレンジするも、またも落ちてしまう。ここで寝てしまえばよかったのですが、ついつい頭にきてグラフィックボード(ATI RADEON X1300pro)のドライバ(Catalyst)をダウンロードしたら、エラーの嵐。既に夜中。頭にきて削除をしたら、今度は普通に動いていたものが動かなくなり、デルのサポートセンターへ。これが第2のミスでした。マニュアルにはない話にデルのサポートセンターが対応できるはずもなく、あれこれ動作確認をして、結局、ゴーストを使って出荷時の状態の戻すことを勧められました。

 正常なときなら、こんな馬鹿な話は蹴るのですが、ついつい疲れていると試したくなります。というわけでやっちゃいました。データのバックアップを取ったはずですが、うっかりIEのリンクを取り忘れて、気がついたときには既に時遅し。おまけに「Microsoft Update」で50以上の修正とウィルスバスターの入れ替えからオフィス製品の入れ替えと正常に動作していた部分まで大変でした。もうくたくた。このPCは計算などには強くてありがたいのですが(思ったより「Athlon64 x2 5200+」は速いです)、設定当初から音が出なかったりと不吉な状態でして、スリムなボディにありとあらゆるものを詰め込んでいるだけに無理があるのかなと。それにしても、『三国志』程度のゲームでも3Dを使っていて、これがネックになるとは思いませんでした。それ以上に、休日がまったく無駄に終わって、土曜日も後始末で手一杯。疲れました。

 気がつくと、Officeも2007ばかりになってきているようで、2003が生き残っているうちに確保せねばならず、OSもVistaばかりになると思うとゾッとします。XP搭載型のPCが生き残っているうちにと慌てて買ったのですが、どうも不具合が多く、無難にインテル系にしておけばよかったと思いますね。ノートンはあまりに重いので止めてしまいましたが、ウィルスバスターでも十分重くて頭が痛い。ノートは起動までが異常なまでに遅く、あと1、2年かなという感じです。セキュリティ重視は仕方がないのでしょうが、だんだん、世の中の進歩についてゆけない感覚ですね。見た目がきれいになればなるほど、使い勝手が悪くなってゆく感じがします。『信長の野望』シリーズや『三國志』シリーズなんて見た目が悪くてもいいじゃないのと思うのですけれど。そんなことを書きながら、「決戦制覇モード」で張飛になった気分で強敵を一騎打ちで蹴散らすのが楽しかったりします。まあ、「猛将」タイプには程遠いので、なんとなくあこがれる部分があったりして。とまあ、3Dを使わないとできない部分が楽しかったりするので、あまり大きなことが言えないあたりが、いつまでたっても変わらない、自分らしさであることに気がつきます。
posted by Hache at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 不幸せな寝言