2008年01月26日

情報セキュリティとルール(後編)

 PC環境を一世代前の状態に戻してみました。昨年、購入したPCの性能は抜群なのですが、なぜかグラフィック関係が異常に弱く、ロープロファイルなので適当なグラフィックボードが見当たらない状態です。他方、古いPCは5年ほど前に購入しましたが、ウィルスバスターでも重たい状態でこれはちょっとつらいなあと。ただ、グラフィック関係の安定感は異常でして、「GeForce 4 MX420」という「化石」になりつつあるボードですが、不思議なものです。『大航海時代IV』をやったのも、こちらのマシーンでした。データの移転の関係でウィルスバスターをアンインストールした後で再インストールしようとするとエラーが続出して放置していたのですが、トレンドマイクロのサポセンに電話をしてみたら、サイトのFAQに載っている程度のエラーで恥ずかしい思いをしました。アンチウィルスソフトが使えるとなりますと、あとはグラフィックボードを変えてしまえば、古い方がなにかと快適でして、昨年購入した分をデルに見てもらうことが可能に。ただ、バスが古いタイプのPCIですので、なかなか適当なグラフィックボードの入手が難しいのですが。ちなみに、周囲はノートン先生が好きな方が多いのですが、なにせ重くてたまらんという感じ。このあたりは好みの問題でしょうか。

 「道草」が長いのですが、昨日の話の続きです。実は、「ネタ振り」役の方と帰り道が同じだったので歩きながら、会話をしていたのですが、家庭のエンドユーザーでアンチウィルス対策をしている割合が3割程度というアンケート結果があるという話になって、ちょっとびっくりしました。また、脱線ですが、気がつくと、最も使用頻度が高いPCはすべて外国製でして、IBM→ゲートウェイ→デルときて、最近はもう自作するしかないかなと。AMDのデュアルコアの性能のよさにびっくりしましたが、仕事で使う分と遊びの部分のバランスが難しく、仕事でも3Dを使う機会が増えているので、微妙です。もはやPCなしの生活は仕事でもプライベートでも考えることができないので、多少、カネがかかっても、セキュリティの確保は絶対の条件です。盗まれて困るデータはあまりないのですが、使えなくなるのが困ります。そんなわけで、家庭用エンドユーザーの7割程度はアンチウィルス対策をしていないという結果は、ちょっとびっくりでした。もちろん、アンケート調査ですし、サンプルが偏っている可能性があるようなので、この数字を鵜呑みにはできないのですが、思わず耳を疑いました。その方を信用していないわけではないのですが、Windowsだったら、警告が出るんじゃないですかとか、気の利かないツッコミをしてしまったところ、「警告がでないように処理しちゃう人もいるんですよ」と微笑を浮かべながらあっさり返されてしまって、思わず言葉がでなくなりました。

 「ネタ」の段階ではスパムの負の経済効果がメインでしたが、こちらも実感がなくて的外れなことばかり尋ねていたかもしれません。スパムの処理で平均で5分程度余計な時間がとられるということでしたが、なんとなく実感がわかず、ピンとこない。職場でもスパムの処理で苦労している方が少なくないのですが、勤務先のメアドにスパムが紛れ込んだのが2回ほどで、必要なメールが読みとれないほど攻撃されたことがないからでしょう。それでも、スパム対策をしている会社がほとんどではないかと思ったのですが、大手企業でさえ、40台に1台程度はウィルス対策が不十分で、単にスパムに攻撃されるだけでなく、汚染されて他のPCにスパムを発信する「ゾンビ」化したマシーンが存在するとの事で、これもびっくりでした。もちろん、平均ですので、そんなマシーンがないところにはないのでしょうが、アンケートをとるコストが低い大手企業ですらこの状態というのは意外と高い印象です。

 ICTの普及のおかげで、セキュリティの問題は大切だとは感じていましたが、意外と深刻だと気がついたしだいです。ここからあとは、「ひそひそ話」の域を出ませんので、お読みになりたい方は、「続き」をどうぞ。


続きを読む
posted by Hache at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな?寝言