2008年01月28日

セキュリティ余談

 日曜日の最大のイベントは、グラフィックボードの「換装」でした。などと書いていると、日記みたいで自分では嫌なのですが、けっこう感動しました。バッファローのGeForce 6200を搭載したグラフィックボードをアマゾンで購入して日曜日に届きました。本当はソフマップで買ってワランティをつけておきたかったのですが、取り寄せ状態になっていたので、届く時期が悪いと、そんなことしてられるかとなりそうだったので、在庫を持っていたアマゾンで注文しました。驚いたことに、PCのパーツまでレビューがついていて、たいていは高い評価なのですが、最新のレビューにBIOSでひっかかるとあったので、注文した後で気がついたのですが、届いて大丈夫だろうかとドキドキしました。素人さんにありがちな話です。

 とりあえず、旧PCから周辺機器をすべて取り外して電源を抜き、マシーンの「蓋」を開けようと背面を覗くと、ほこりだらけ。慌てて、掃除機で取り除きました。長いこと手入れを怠っていたのでひどい状態でした。デルのケースは、古いタイプということもありますが、お世辞にも高級感はないのですが、操作が楽で、ボードを取り替えるために中を開けるのも気軽です。誤解のないように書いておくと、上下のボタンを押さなくてはならないので、まず勝手に開くことはありません。デフォルトのグラフィックボード(グラボ)を抜いて、びっくり。これはPCIじゃなくって誰が見てもAGPです。注文する前に見ておけばよかったとがっくり。確か、AGPだと3000円ぐらい安いはずで、しまったなあと。これも素人さんのやりそうなミスです。大丈夫かなと思いながら、PCIバスに取り付けて、ほいほいとキーボードやマウス、スピーカーなど必要最小限のモノだけ取り付けて、最後に電源ケーブルを挿しこんで、スイッチオン!なんのことはない、普通に起動してドライバをインストール後、再起動してあっという間に終わりました。この間、30分程度。

 ねらい目は、GeForce 7600でしたが、ほとんどがPCI Express対応型だったので、無理かなと思って、6200にしましたが、私には十分すぎるぐらいの性能です。あらぬことに、欲求不満の原因の一つだった『三國志11』を起動すると、完璧に動作して感動しました。画像解像度が1024×768ピクセルでは画面を正常に表示できないのが不思議でしたが、他はほとんど完璧で、強いて言えば、ちょっと重いかなというぐらい。こちらは、CPU(Pen4の2.4GHz)とRAM(512MB)の問題が大きいのでしょう。この程度なら、まだまだ現役という感じでしょうか。ついでといってはなんですが、ウィルスバスターも2008にアップグレード。

 実は、年々、ウィルスバスターも重くなって嫌になっていたので、2007で大変だなあと思っていて2008へのアップグレードを避けておりましたが、トレンドマイクロのサイトではメモリを食わなくなりますよと書いてあったので、早速、試してみました。アップグレードには数十分要することがあるという趣旨のことが記されていたので、ちょっとだけドン引きしましたが、ADSLで約15分程度かかるというファイルのダウンロードが1分たらずで終わって、ありゃまという感じ。インストールも数分で終わって、再起動して最新のパターンファイルを更新。ここまで10分で終わって、念のために検索をかけた状態にして外出しました。さすがにこれは時間がかかりそうなので、パソコンが「お仕事」をしている間に散歩をしましょうという魂胆でした。

 これで、AGP対応のグラボを買って、PCI対応の方を新しいパソコンに回せばとうまくゆくかもというのは素人の浅知恵でしょうか。新しい(とはいっても、買ってから半年が経過しましたが)PCはもちろん、PCI Express(x16)なので、もっとよいのがほしいのですが、ロープロファイル対応でこれというのが見当たらず、言いにくいのですが、ATIはドライバが今一つという感じなので、旧世代のグラボでも、CPUやメモリーの量(ムダに3GBをとっています)でカバーできるかなと。ちょっとだけ不安なのは帯域の問題ですが、たぶん、大丈夫でしょう(本当か?)。グラボの問題が解決したら、旧PCはネットに接続して、新しい方はスタンドアローンで仕事専用にしてしまおうかと。完璧にはほど遠いですが、なんとかわが家の「情報セキュリティ」は確保できそうです。


続きを読む
posted by Hache at 01:12| Comment(3) | TrackBack(0) | まじめな?寝言