2008年01月29日

日本人の「不安」

 市場も大荒れの第2弾という感じのようですが、私事でも、こちらは例年の恒例行事ですが、来週まで「死のロード」が続きます。「寝言」も不定期更新になるかもしれません。カワセミ様から、刺激的なコメントを頂き、あれこれ考えておりますが、こちらが楽しくなって本業での集中力がそがれるのが怖いので、あらためて「寝言」する予定です。マーケットの話は、伊藤洋一さんかんべえさんぐっちーさんにお任せして、どうでもよいことに目が移ってしまいます、というより、私の能力ではいまだに「マグニチュード」がわからないので。利下げと減税のパッケージで済むのなら、それほどでもないかなという感じです。たぶん、本筋ではないのでしょうが、M様がコメントで指摘されていたECBの「ゼロインフレ原理主義者」が気になります。1990年代以降の日本の金融システム不安は国際協調体制そのものに影響をあたえることはなかったとおもいますが、今回の金融システム不安は素人目にはアメリカだけではなく、欧米全般へ既に広がっているので、ECBが金融システム不安よりもインフレ目標を優先させると、一時的な現象に留まるのかもしれませんが、国際協調体制が機能しなくなるリスクがあると思います。当面は、アメリカの資本市場と財市場の動向が大切なのでしょうが、今回の金融危機で国際協調体制が崩れてしまうと、経済的混乱が長引くリスクが高いと思います。

 「続き」が今回の「寝言」です。嵐のときにのんびりしている印象を受ける方が多いのでしょうが、みんなが「危機」を連呼しているときに、別のことに頭が移ってしまうのは「外道」というより、「ずれた人」の悲しさでしょうか。そんな「ずれた人」の感性を笑いたい方は、「続き」をどうぞ。


続きを読む