2008年01月31日

「とき」と「時間」のあいだ(間)

 書類の山(不謹慎ですが、「お皿」にたとえると、1,152枚をあと10日で洗わなくてはなりません)を目の前にしながら、窓を開けてこれが冬の乾いた風に流されて、飛んでいったら、どんなに清々するだろう。清清しいだろう。そんな「不幸せな日々」(獅子咆哮弾ではすまないぐらい気が重いです)が続いておりますが、ふと闇の中で光を見ました。

 漸く、志賀浩二『変化する世界をとらえる』(紀伊国屋書店 2007年)を読み始めましたが、「第1章 微積分へのプレリュード」を読みながら考え込んでしまいました。次の引用に続いて関数を説明するにあたって、時間と運動の関係がでてくるのですが、数学の本であることを忘れて考え込んでしまいました。

 時間とは何かと聞かれれば,それはたぶんだれも答えられないだろう。時間の流れが数の幾何学的表現である数直線上の点の動きとして表わされるようになったのは,時計の発明以後のことと思われるが,それよりももっと深いところで時間と数とのあいだに何か予定調和のようなものがあったのだと考えたほうがよいのかもしれない(16頁)。


「もっと深いところ」

「もっと、もっと深いところ」

「もっと、もっと、もっと深いところ」

……。

……。

……。

……。

……。


続きを読む
posted by Hache at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな?寝言