2008年04月18日

気分しだいの恋愛

 若い人と話をしていると、脱力はするものの、なるほど、こんな時期もあったなあと思うことがあります。「今日は恋愛について自由に語れ!」なんてお題が出ると、俺は巨○がいい、いや美○こそ王道だなどと「盗み聞き」していると、なんともほのぼのした感覚で、Kimberley Kagan "The Second Iran-Iraq War"(WSJ April 3, 2008)のような殺伐とした世界を忘れてしまいます。

 若かりし頃は私めもえらそうなことは申せません。「そういえば、○○さんの好みがわかりませんね」と幾度となく言われたことか。「あの子は丸顔だし、この子は卵顔だし。顔じゃないな。性格もバラバラ」と言われて、そういわれればそうだなあと。なんでだろうとふと思索に耽りそうになったところで、「あっ!わかった!!乳だ!!!」と叫ばれて、一瞬、頭の中がぽかーんとしましたが、なるほど、言われてみればそれ以外に共通点がない。「真実」とはなんとシンプルで残酷なんだろうと痛感しました。「気分しだいの恋愛」にもそれなりの一貫性があるとは、まさに「ユーレカ!」でありました。

 今の若い人にはわからないでしょうが、当時は「乳フ○チ」と「脚フ○チ」を両立させることは難しく、まさに大半の場合、「トレードオフ」の関係にありました。こういう場で書くことが憚られることではありますが、善悪是非は別にして、私の場合には脚へのこだわりを犠牲にして乳へのこだわりが優先するという好みが、若くして確立したようです。自覚はまるでなかったのですが。しかしながら、肉体への局部へのこだわりから脱するのは意外に速く、表現が悪いですが、やりたいことをやってしまうと、本当に飽きも速いものです。たまにやるのがよいことを集中してやってしまうと、往々にしてそういう事態になってしまうものです。「パ○○リ」を繰り返しやるのはド素人さん、「ぱふぱふ」あたりで止めておくのが「通」てな感じなのでしょう。もちろん、私はド素人さんですが。「○イズ○」は、一時的な幸福感こそ「ぱふぱふ」をはるかに凌駕しますが、愛情表現としては「ぱふぱふ」の持続性が勝るようです。

 プーチンがカバエワと再婚の噂が流れているそうで、ゴシップネタには疎い私ですが、へぇてな感じで関連記事を読むと、「好き者」イスラエル大統領を「うらやましい」ともらしたとか、妙に人間臭いな、でも意外と正直だよなと思ったりします。これもプーチンの「威圧感」を和らげるKGB流の陰謀かなどという深読みは無粋ですね。それにしても、男というのは悲しい生き物だとも思ったりします。「古い草鞋」を捨てて「新しい草鞋」に履き替えることが幸せか否か。ネットの画像を見ると、カバエワはけっこうきつい顔で好みではないなと思った瞬間にこのネタは終了でした。ま、縁がないものにはとことん興味がない、すなわち負け犬は逃げ足が速いというところでしょうか。


続きを読む
posted by Hache at 01:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言