2008年07月03日

NHKテレビ「フード・マイレージをへらせ!」

 ふう。情けないことに梅雨が明けたのかどうかも知らないうちに、既に体は夏バテ状態です。今週になって脳にも影響してきて、難しいことを考える気力が起きなくなってきました。もっとも、ふだんから知性とか「ロジカルシンキング」などとは無関係なのですが、体が弱ってくると、面倒なことはエロイ人にお願いという状態です。自分の調子を知るのにベストなのは若い人と話すことでしょうか。お説教ぽくなったり、同じことを繰り返していると、自分で相手が迷惑だなと気がついて、「寝言」もといよけいなことは話さないでおこうという気分になります。

 帰ってきてネットを見てもたいてい中途半端に論理的だったり、まるでついてゆけない話題が多いので、伊藤洋一さん煽りに負けてNHKの「フード・マイレージをへらせ! ニッポンの食卓大研究」という番組を見ました。「ちょっと面白いことが起きる」と書かれると、なんだろうと思って見事に釣られてしまいました。「ちょっと」どころかけっこうおもしろかったです。「フード・マイレージ」という言葉ははじめて耳にしました。厳密な定義はわかりませんが、どうも食糧を輸送する重量に輸送した距離を乗じた値で、正確な値は忘れてしまいましたが、韓国がアメリカとほぼ同じぐらいの値でちょっとびっくり。西欧諸国の3倍程度でしたか。日本はアメリカや韓国のさらに3倍でやはりこの国の食はすさまじいのおと感心してしまいました。

 番組では寿司から入っていましたが、そういえば最近は寿司を食べていないなあとちょっと羨ましい感じです。話がどんどんそれてゆきますが、この前、飲んだときに「実は回転寿司に入ったことがないんだよな」と漏らしてドン引きされてしまいました。カウンターのある寿司屋にこだわりがあるわけでもないのですが、一人では入りにくいですし、二人で寿司を食べるような関係(深読みしてもなにもでてきませんが)にある友人のほとんどがカウンターのある店にこだわるので、単に機会がないだけなのですが。番組がクイズ形式で進んで、寿司のネタでフード・マイレージが一番、大きいのはどれというのが第1問でしたが、そりゃあサバでしょうと。スーパーで見てもほとんどがノルウェー産なので、これは簡単だわねと思ったら、正解したのが伊藤さんだけでちょっと意外でした。もっとも、ご本人はクイズよりも寿司が食べたいと明言されていて、やはりかんべえさんより大物だなあと。意外とかんべえ師匠はオタク体質の上に妙に理屈っぽいからなあ。

 途中を端折ると、第5問で出演者がようやくお寿司を食べる機会に恵まれたのですが、駿河湾で深海魚が採れるとは恥ずかしながらはじめて知りました。げほうはおいしそうだなあと。確かに見た目があまりよくないのですが、映像で見た感じでは紹介されていた魚の中で一番、おいしそうでした。バタバタしているうちに今年の夏の予定を何も立てていない状態なのですが、久々に沼津にゆくのもよさげです。大学時代に両親は仕事の関係で沼津に転居しましたが、魚重食堂に入ったことがないので、一度は行ってみたいです。私は沼津時代は帰省でしか帰ったことがないのですが、両親とも静岡県がお気に入りですが、沼津がベストとのことで、結局、愛知県内にマンションを買ったのですが、沼津で一軒家が建てられないかと探したところ、意外と地価が高く(供給がすくないせいでしょうか)、断念したようです。高校時代の友だちの多くは沼津に親戚がいましたが、「沼津はいいよ」とたいていの人が言っていました。県内でも落ち着いた街というイメージがありますね。

 それにしても番組後半で紹介されていた京都府の伊根町の給食は私からすると、豪華料理のように思いました。アジの塩焼きにつみれ、水菜のサラダとこういう食事を毎日したいものだと思います。番組ではフード・マイレージを減らすために「地産地消」といった観点からイワシやアジなど日本近海で取れる魚を食べましょみたいな話が多かったのですが、今週だけで2回ほどアジの塩焼きを食べました。番組に異論を唱えるわけではありませんが、フード・マイレージには興味がないのですが、番組では安い魚とされているものが好きでして、貧乏な家で育った私には悪い時代ではないのかもしれないという「寝言」が浮かびました(伊藤洋一さんの獲得した「へしこ一年分」を譲っていただけましたら、伊藤師匠「賛歌」の「寝言」を毎日書いてしまうかも)。


続きを読む
posted by Hache at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言