2008年10月07日

出口を失ったマネー

10月6日(月)

 朝、7時半にワーファリン服用。完全に寝坊してしまう。やむをえず、通勤にタクシーを利用。5000円を超える出費は痛い。気がつくと、朝からむくみがあり、悪化はしないものの、一日中、足が重い。立ち仕事が最も負担が高く、歩くのが続き、座ると少しは軽減される。人目につかないよう、足を伸ばしてこまめにむくみを軽減する。まじめに新聞やテレビの報道番組を見ている若い連中が、「とうとう世界恐慌ですか」などと騒ぐ。口からでまかせで、1929年以降の世界恐慌でも、アメリカの失業率は25%だ。逆に言えば、苦しくても4人に3人の雇用は維持できた。その3人に入ると思っていれば、苦しいなりにどうということはない。俺はその3人の1人だと思い込むことが肝心だ。あとで数字を確かめると、でたらめにこんなものだろうと思っていたが、それほど外れていないようで、結果的に嘘をつかずにホッとする。若い連中には、一般紙の代わりに東スポを読め、特に週末はとすすめる。テレビで株の話を聞くな。ビデオ店の火事とかそういう話題のみにせよと緊急の指示。

10月7日(火)

 やはり寝起きが悪く、朝7時にワーファリンを服用。前日の長湯の効果もなく、むくみが生じていた。発症から1ヶ月がたち、別の部署で預かってもらっていた荷物をとりにゆく。申し訳ないことに女性の職員に気を遣っていただき、申し訳ない限り。いまだに、一部の連中が怯えているので、イライラする。冗談抜きでスポーツ紙以外は読むなと指示。阪神が大変で読む気がしないんですよと言われて、実は言っている本人がスポーツ紙をまったく読んでいないことがバレてしまう。テレビは芸能ネタのみにせよなどと言っていたら、ふざけた奴がキャバクラに行きましょう、今なら不景気でおおいに遊べますよなどと杖をついている人間に向かってバカなことを言うので、苦笑するのみ。左足の血の巡りが悪いのに別のところばかり血のめぐりがよくなったらどうすると言いかけて、慌ててやめる。まあ、バカで鈍い方がよろしい。それにしても、世間的には「まとも」とみなされている報道機関ばかりを選んで見ている若者が不安に駆られているのは困ったものだ。報道の自由はまことに結構だが、責任のない自由は醜い。

 診察の予約があり、帰宅途中で病院に寄る。前回、珍しく厳しい表情だった先生のお顔を拝見した瞬間に改善しているのだなとホッとする。ワーファリンの増量後、D-ダイマーの値が大幅に低下したとのこと。肺梗塞のリスクは無視できるようだ。ただし、正常値の10倍を超えており、ワーファリンの投与が不可欠との説明を受ける。あまりわかっていないのだが、血栓が生じて分解してゆく際に生じる物質の値を表しているらしい。血栓ができては消えてゆくという状態のようだ。昔は、最低でも半年はワーファリンの投与が必要だったが、現在は最低1年は我慢してほしいとのこと。ためらうことなく指示に従う。前回は血栓が消滅するまでに1年半はかかったので、2年でも平気だ。ただし、半年後ぐらいに検査入院をすすめられた。まだ先なので時期の決断が難しいが、人間ドックでは無意味とのこと。疾病の元になる原因を洗いざらい検査してしまおうとのことで、時期以外は同意。本日は歩行距離も長く、歩数計で1万歩を超え、帰宅途中で歩けなくなるものの、なんとか帰った。昨日は5千歩で厳しいので、メタボ対策は先送りするしかない。

 最初に事務的な話ですが、コメントとTBの規制は解除しました(催促をしているわけではありません)。管理不能という状態は避けられそうです。本日をもって「日記」は終わりです。読者がどうこうというより、自分で書いててつまらないというのが正直なところ。あとは、手帳に何時にワーファリンを飲んだのかをチェックすれば十分でしょうし。それにしても、杖をついて1万歩というのは目を疑いましたね。たいした距離を歩いていないはずですが、疲れるのも当然でしょうか。この時期に右足を痛めるのが怖いので、手抜きにサボり、死んだふりにない知恵を絞る日々です。若者が世界恐慌におののく日々に、そんな程度で生活に困らないよという余裕のある方、危機ほど萌えるという心臓のある方のみ、「続き」をどうぞ。ここは「寝言@時の最果て」でして、「読んでためになるブログ」ではなく、「読んでダメになるブログ」というのがモットーですので、苦情は一切、受け付けません。ご容赦ください。


続きを読む
posted by Hache at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 不幸せな寝言