2008年10月20日

より開かれた「商人的な国際政治観」へ

 自分でも整理できていない「寝言」の極みの前に軽いネタ。軽いといってはなんですが、なにかと暗い世情では上海馬券王先生の文章が光ります。

 こちらを拝読しながら、懐かしさに浸ってしまいました。大学時代に北陸出身の方が、裏日本という言葉を使っていて、まるでピンとこないので、「表日本はどこなの?」とうっかり尋ねてしまった「KY」ぶりを発揮してしまい、あとで意味がようやくわかって、ひどく恥ずかしい思いをした記憶が蘇りました。それにしても、2006年のリーグ優勝、2007年の日本一でこれだけ日本と世界が滅茶苦茶になるのを見ると、「落合様、今年は許して!」となりそうです。中日の日本一にネットで喜びを表しても石つぶてを当てられるだけですし、翌年はもっと碌なことがなく、深部静脈血栓症にかかる始末。あれで落合監督が山井を交代させずに日本シリーズ初の完全試合など達成していたら、きっと私も日本も世界も心臓を直撃されていたであろうと確信しております。やはり、ギリギリのところで落合は世界と日本と私を救ったのだ!!

……。われながらつまらない「釣り針」ですな。

 所詮は元ファンですから、今年は阪神が叩きのめしてくれることを祈っております(嗚呼、全国のドラゴンズファンよ、裏切り者にふさわしい報いを)。『ウィキペディア』で見ていると、シャレにならんのですよ。1954年のリーグ優勝&日本一という「美しい」優勝時には翌年、保守合同と政変ではありますが、安定期の始まりだったのが、1972年の優勝時には田中内閣発足まではまだいいとして、翌年は変動相場制への移行ですから……。2006年のリーグ優勝(日本一ならず)、2007年のCS制覇&日本一のそれぞれの翌年には安倍、福田両政権が崩壊、麻生政権も不穏な感じ。国際金融は言うまでもなく、ここは秋華賞を思い切り外した上海馬券王先生のお力にすがるしかないのです(阪神が1勝1敗に戻してくれてホッとしました)。杞憂だと思うのですが、CS制覇&日本一なんて連続したら、世界の終わりではないかと。しかし、競馬で1000万円の配当って、わかっていないせいでしょうが、なんだか「根拠なき熱狂」のような。なにか「世も末」という終末思想にとりつかれそうです。

 それにしても、『ウォール街』というのは名作とは思えないのですが、身に沁みるセリフも多く、オリバー・ストーンのメッセージと思しきバドの父親カールの"Stop goin' for the easy buck and produce something with your life. Creat instead of living off the buying and selling of others."よりも印象に残るセリフがありましたね。バドの恋人役のダリアン(Darien)がゲッコーと決別するバドを見捨てて別れ際に吐くセリフ。

 You may find out one day that when you've had money and lost it, it's much worse than never having had it at all.

 手に入れたカネを失うことは、もともとまったくなかったときよりも惨めだって、いつかは気がつくわ。


 失うものがない身にはあまり縁がなさそうですが、そうではない人にとってはつらい時代になるのかもしれません。『ウィキペディア』で検索してみていたら、ダリアンを演じたダリル・ハンナはゴールデンラズベリー賞なる「裏アカデミー賞」の最低助演女優賞を受賞する栄誉に輝いたようで。正直なところ、最初に見たときから、このセリフをそうだよなとすんなり受け入れしまった私は救いようがないのかも。大学の恩師が都銀に就職する先輩や同級生に向かって、「人のカネを右から左に動かすだけの仕事をやりたがるとは……」と嘆いていて、他の事では尊敬しておりますが、そういうあなたは金融も含めて他人のあがりで食っているじゃありませんかと言ってはならない一言を言いそうになって、飲み込んだ覚えがあります。

 それにしても、北朝鮮では『読売』の怪しい情報もあって嫌な感じですね。地政学的リスクが極東に集中している現状を思い起こさせてくれます。こういうときにはラヂオ・プレスが確実な情報を提供してくれるのでしょう。それにしても、アメリカが事実上、戦時下の政権交代のリスクが高い状態で日本まで総選挙という博打をしようというのは理解しがたいのですが。


続きを読む