2008年12月24日

トヨタ自動車の「危機」と地方財政(1)

 昨日、豊田市の財政状況を見ていて、この比較的、健全な地方自治体が法人市民税の収入がほぼゼロになってしまった場合、どんな事態になるのだろうと、「寝言」を書いておりました。実は、12月22日から23日でPCの電源を落とすのを忘れていたために、23日も休止状態から使い始めたせいか、XPのSP3では徐々に増えてきているのですが、フリーズ。しかも、ノートパッドを保存していなかったので、「時の最果て」に「記事投稿」する際という最悪のタイミングの事故でして、データやリンクがすべて消えてしまいました。

 当初は、トヨタ自動車の2009年度3月末決算における損失発生の話そのものよりも、法人からの税収減と今後の雇用対策で地方財政が耐え切れないのではないかという「寝言」でした。しかるに、データはすべて消えてしまい、何を書きたかったかは覚えているのですが、再現するとなるとバカバカしくもあり、年の瀬で想定以上につらい状態なので、流そうかと思いました。他方で、リーダーで読み込む記事の多くは、トヨタの決算見通しに関するものが多く、刺激を受ける反面、現状がわからず、有価証券報告書などでは速報性にかけるので、トヨタ自動車本体のサイトを見ていたら、これはむごいなという状況でした。父上との会話では為替リスクっておっかないなあ、でも、あれぐらい予測できないのかとのたまうので、一言、「無理」で却下。為替レートの変動についても触れてはおりますが、まるで自信のない分野なので他の部分もそうですが、「寝言」として読み流していただければ幸いです。


 続きを読む