2008年12月25日

トヨタ自動車の「危機」と地方財政(2)

 祝日だった23日に不敬のきわみですが、民放の番組を録画で流しているブログで見ていて、まじめに政府通貨が「経済学的に」有効だとおっしゃる方がいて、しみじみ地上波の番組って悲惨だなあと思ったりします。そういえば、ある経済評論家がお昼のワイドショーで私は死刑廃止論者だから、裁判員に選ばれることはないとしゃべったのを母上が真に受けていて、テレビって怖いなと。幸いなことに、一家全員、「徴員」を免れましたが、刑法の専門家にチラッと聞いたら、「テレビでは公共の電波でそんなことを平気で流しているんですか」とあきれていました。ちなみに、私が窃盗をしたら手首を切り落とせ、人殺しは即死刑と「持論」(素面でも酔っ払いみたいなことが言える神経が自分でも信じられない部分がありますが)を述べたら、「そういう人が裁判員に一番、選ばれないんですよ」と苦笑いしつつ、人格的に欠陥がないかとそっと探りをいれられてしまいました。ま、元次官を殺害しちゃった人とあまり変わらない目で見られてしまうわけでして、「素人」さんにはお奨めできない「荒業」ですが。

 さて、本来の主題は地方財政の「危機」なのですが、これが樹海をさまよっているような気分になるぐらい、本当に難しい。わからないなりに23日に「寝言」にしてみたのですが、なにせ、管理画面で記事投稿で貼り付けて、リンクをはっている最中によもやのフリーズ。IE7でタブを開きまくった状態だったのでやむをないのかもしれませんが、私の頭もフリーズ。バカバカしくなって、シャットダウンして寝てしまいました。

 このシリーズ(?)を書き始めたきっかけは『産経』の12月21日を読んでいて、平成21年度予算の財務省原案を批判している記事を読みながら、『朝日』などと同じく一家の家計にたとえて「アソウさん一家」のドタバタ劇を書いているのですが、オチが妻のユウコさんにタロウさんが反論するというあたりで激萎え。どうせ、ぶっ飛んだ政権批判をやるのなら、「大阿呆峠」ぐらいナンセンスさがないと、単なる悪口になってしまいます(説得力ゼロの後付)。まあ、言い訳をすると、「教えてあげる 人間には二種類しかいないの 支配される愚民共と… 君臨する覇王よ!!!!」(出典は……。わかる人がわかればいいです)と開き直って、徹底的にバラマキをするとでもおっしゃればいいのにと思うのですが。麻生首相の生まれがよいことぐらい知らない人の方が少ないので、徹底的に「上から目線」に徹した方が、スムーズにメッセージが伝わるような。変に庶民感覚なんてもっていただく必要もなく、もっていなくて当然なので、正直、ホテルのバー(言いにくいのですが毎日は無理にしても、あの程度であれば年に数回程度ですけれども、私でもちょっと安い店ぐらいには出入りしますからね)の話にはまるでついてゆけず、あの話を質問した記者はレベルが低すぎるから記者クラブから排除されるのかと思ったら、そうでもない様子で、しみじみ変な世界と縁がなくてよかったと思ったりします。

 そんなわけで私の心が折れたのは、首相が消費税を含めた税制改革に触れたあたりでして、いくら3年後とはいえ、足元で消費が冷え込んでいるところに、「近い将来、増税するかもよ」ではもともと痛み止め程度の効果しか見込めない財政政策が、いよいよただの金食い虫になりかねないということです。定額給付金も筋がよいとは思えないのですが、高所得者に返却という「矜持」を求めるのも、ため息が。「矜持」を求めるのなら、高所得者にはこれの2倍、3倍、カネを使おうぜというメッセージが適切なのであって、正直、短期市場なんて失礼ながら閉鎖的な世界の住人ではない普通の人にとっては白川総裁がプレゼン下手なんてどうでもいいのよ。公共事業ではなくても、失業対策に医療費や年金、介護など社会保障での支出増を抑制するのはもはや不可能に近く、国と地方の支出は増えるでしょう。さらに、直接税の落ち込みが厳しく、財政のやりくりは大変でありまして、麻生首相が発するメッセージで財政支出の効果が変わるというわけではありませんが、萎えるメッセージは出さないでほしいというところです。

 話が変わって、もう嫌気がさすのですが、この「寝言」を書きながら、他の作業をしていたら、途中で突然、OSが勝手に再起動して、すべての作業が中断。前回のMicrosoft Update以来、異常に調子が悪いです。SP3になってからやたらと重いことが増えているし、Vistaへ乗り換えさせようというマイクロソフトの陰謀?)。ひょとしたら、ウィルスバスター2009で余計な対策をしているのかもしれませんが。また、上書き保存をしないでいたら、再起動。ちょっと、いらつきながらなので文章もイライラ気味になっているかもしれません。お越しいただく方は減る一方ですが、「不機嫌な寝言」カテゴリーでもつくろうかなあ。本題は自分用のメモなので、読んでいただく前提で書いておりませんので、お仕事口調です。読まなくて結構。長いので、暇で暇でしょうがないという幸せな方(クリスマス・イブを不幸せに過ごした方もどうぞ、どうぞ)は、「続き」でもどうぞ。


続きを読む