2009年01月09日

Stimulations, stimulations more!

 自分で昨日の「寝言」を読んでいて赤面してしまいました。朝からよくもまあ恥ずかしいことを書いているものだなあと。病院で想定している刺激よりもはるかに強い刺激を受けてしまい、困惑してしまいました。それにしても、院長先生の正確な年齢は存じませんが、70歳近い方であるのは間違いなく、触診のときの力強さに驚きます。あの指圧のおかげで肩こりなど一撃で吹き飛ぶのではと思うぐらい、刺激があります。心臓内科ですので、ほぼ完全予約制ですが、評判がよいのでしょうか、年始早々から混んでおりました。

 強引な展開ですが、邦字紙は元旦のテレビ欄ぐらいしか見ておらず(たぶん、その程度しか見ない人が大多数では)、RSSリーダーやメールなどで届く記事のタイトルを見ると、イスラエルのガザ攻撃と並んで"stimulus"を含まない記事が届かない日がないという状態です。Wall Street Journalが2008年12月16日に配信した社説、"Barack Obama-san"(参照)を読んで感想を書こうかと思いましたが、さすがに日本人としてはあまりに自虐的すぎるので断念。既に、昨年の段階からオバマブームの割りに懐疑的な記事がパラパラとですが見受けられたのが、議会との話し合いが始まるとともに、表面的には厳しい批判は避けているものの、懐疑的なムードが伝わってくる記事が増えています。

 どこかの島国では野党様がこども手当てでしたか、名称は忘れましたが、お金を給付する案を出されていたそうで、支給対象となるであろうこどもがいる家庭では「くれるというならもらうけれど、そんなばら撒く金がどこにあるの?」という素朴な疑問で頭がいっぱいだったご様子。で、与党様までなんとか給付金をばら撒くそうで、そんなに財政に余裕があるのなら、「恒久減税」を反故にしたのを元に戻していただければ十分なのですが。さすがにオバマ次期大統領も、"stimulus package"(あるいは"stimulus plan")の実施にあたって議会側からの財政規律の弛緩という批判を避けなければならず、米紙の報道では説得に必死のようです。


続きを読む