2009年01月12日

危機の連鎖(私的な話)

 そういえば、メモリーを余計に買ったままにしておいたので、自作機に増設しましょうと作業を始めたのが、金曜日の晩。ファンの前にほこりがたまっていたので、翌朝に掃除機で全部、吸い取りました。当初のメモリーとまったく同じCFD販売のFIRESTIX Heat(FSH800D2B-K2G)でしたが、よく見ると、昨年の夏に買った分はバッファローのブランドで、増設用のメモリーはCFDの名前でした。失敗の第1は、内部ケーブルを電源・接続用ともにすべて外して作業をしなかったこと。これで作業スペースが狭くなり、あとで気がついたのですが、OSをインストールしてあるハードディスクの電源ケーブル・SATAケーブルに気がつかないうちにぶつけてしまい、緩ませていました。第2に、サウンドカード(Sound Blaster vx5.1)を同時に再度、組み込んだために、エラーの原因が複雑になってしまったことです。

 しかも、机の前で作業を始めてしまったので、いすに座った状態でPC本体を腿に乗せた状態でいじったりすることも多く、おそらく昨年の夏の血栓ができたのも、この作業が遠因かあるいは自覚がないだけで直接の原因だったのかもしれません。予備として2007年6月に購入したDELLのC521があるのですが、いつも危機は単独でこないもの。ネットにすら接続できない状態まで追い込まれてかなり焦りました。こういうときに限って、仕事の関係でメールがくる始末で、いやな予感がしたうちにすべて片付けてなんとか仕事へのダメージは最小限に留めましたが、連休がすべてといってよいほど部屋の中で終わってしまいました。

 システム的な危機はわかりませんが、やはり個人のレベルでは慢心と過去の「悪行」(不作為・作為を問わず)が危機の原因なのかもしれません。軽い気持ちで始めたメモリーの増設から、予備のPCを動員してもネットに接続できない事態に至るとは。リダンダンシーを準備しているつもりでも、慢心があれば、無意味になることを実感しました。


続きを読む
posted by Hache at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報通信技術関連