2009年01月13日

イラク戦争とガザ情勢

 気がつくと、目の疲労が著しいです。単純な作業ばかりですが、モニターを見ている時間がどうしても長くなるので、本を読もうとすると、視力が一時的ではありますが、ひどく低下しているように感じます。昨年後半から経済関係のことばかりですが、ガザ情勢やウクライナ情勢なども目を通すようにしております。結局、『世界の論調批評』で紹介されている記事を読む方が話が速く、われながら進歩のなさに悲しくなるのですが。

 イスラエルのガザ侵攻に関しては善悪是非の判断やイスラエルへの感情を排除することが難しく、一見、事実の報道のように見えても、文章を書いた本人の価値判断や感情を読みとる能力がないととりあげることが難しいです。というわけで、『世界の論調批評』で紹介されている「ガザ情勢1」(参照)と「ガザ情勢2」(参照)は、安心して読める内容です。今回の軍事行動の成否は別として、ガザ情勢を冷徹に観察されているので、まあ、「信者」と言われれば、あえて否定しませんが、日本語で書かれている情勢分析としてはこのような大局的な観察が優れていると思います。

 今回の事態を目のあたりにしながら、思い出すのが、イラク戦争でした。ブッシュ政権からオバマ政権に交代する際に、ブッシュ政権の8年間を断罪しようという雰囲気がアメリカのメディアからも感じます。先週、日本語の新聞は読まないと書いたものの、国内メディアは政権交代をどう報じているかと見ると、署名入りの論説の多くはイラク戦争を失敗であったと断言しています。成功と失敗を区別する基準がかならずしも明確ではないので、その一つ一つを論うのはバカバカしい気もしますが、塩野七生『ローマ亡き後の地中海世界 上』(新潮社 2008)のように、シチリアの見事な「ノルマン・コンクエスト」と対比して現代のどこかの国も見習ってほしい鮮やかな戦後処理だといわれれば、相変わらずですねえと苦笑しながら、ごもっともとも思います。この本は正月にテレビを見ずに貪り読んだ唯一の本なので、とりあげたいと思いつつ、目先のことに追われていたら、たかが2台のパソコンの処理に追われているうちに、探さなくてはならない存在になってしまいました。

 イラク戦争の占領統治が不首尾であったとすれば、塩野さんが指摘するように、あまりに長く、統治される側にとってあまりに苦痛であったことでしょう。もちろん、私は統治する側、アメリカの立場からものを見ておりますが、アメリカにとっては重荷であったかもしれませんが、統治される側に立てば、評判の悪いことをさっさとやってしまうことがベストであっただろうと。親米政権を樹立するのであれば、反米的な言論はなんらかの形で統制した方がよく、武力でもって反乱分子を鎮圧するのであれば、圧倒的な兵力でもって短期間に踏み潰すのがよい。悪逆非道の臭いがするでしょうが、「悪事」は盛大に派手にやる方が、やられる側にとっても幸せなものです。もちろん、民間人の虐殺とか「アブグレイブの屈辱」のような虐待などは逆効果なのでここでいう「悪事」には含まれませんが。懐古趣味になりますが、私自身はイラク戦争は過半以上の成果を収めたとはいえ、戦略上の目的を果たすには至らなかったと考えております。


続きを読む