2009年01月18日

最悪のPCトラブル

 とうとう自作したマシーンがOSの再インストールもできない状態になってしまいました。C521も、SP3をあてるとUSB接続機器の動作がが不安定になり、IE7を導入すると問題が多く、やむなくSP2にIE6で対応しています。それにしても、自作機をメインにしようとしたのは無謀だったのかも。今頃になって気がついたのですが、ネットではP5Q-EのUSB関係のトラブルが多くて、びっくり。今まで、よくトラブルなしで済んだものだと思います。どうも、BIOSを1703にアップデートしてから、極端に不安定になったので、元に戻そうと、既にダウンロードしてあった古いバージョンのBIOSに戻そうとするとエラーがでます。OSをインストールしていないデータ専用のHDDをプライマリーにしても、XPのSP2のままインストールしようとしても、CDからデータを読み込んでディスクの状態を確認する段階で弾かれてしまって、BIOSの再起動が始まってしまいます。「おまじない」と変わりませんが、当分、マザーからリチウム電池を外して、放置して、工場出荷時の状態に戻ればラッキー、このままOSを受け付けない状態が続けば、マザーを買い換えるしかなく、非常に厳しい状況です。C521も相変わらずUSB関係のトラブルが多く、セカンドマシーンとしてすら、不適格です。「ハードウェアの安全な取り外し」を実行しても、USBで接続している機器が停止した状態で取り外すと、エラー音が出るので、恐怖から一度、接続したUSB機器を取り外すときには電源を落としてからという不便な状態です。こちらは、BIOSを古いバージョンに戻すことができますが、ほとんど関係なく、SP3を導入するか否かに関係なく、USBの不具合は何度もイメージリカバリーをかけても元に戻らないので、このまま使うしかないのでしょう。正直、最悪の事態を超えてしまったので、開き直って、なすがままでいいという気分です。

 事実上、徹夜に近い状態が続いているせいか、机の上の照明スタンドの蛍光灯までが不調。蛍光灯を換えにでかけた時間が遅かったので、近くの量販店はしまっておりましたが、スーパーでなんとか売っていたものの、1,380円とちと高い。背に腹は代えられぬとばかりにレジにもっていったら、なんと100円均一で消費税を含めて105円。この1週間で一番、嬉しかったことがこれでは本当に不幸せです。

 以下は、自分用のメモです。「寝言」というより日記みたいなものなので、「寝言」もどうかと思いますが、他人に読まれることを前提として書いておりませんので、悪しからず。自宅ではオフィスソフトやメールなどを利用するだけに留めていて、ネットへのアクセスも、極力、最小限にしております。


続きを読む
posted by Hache at 01:34| Comment(3) | TrackBack(1) | 情報通信技術関連