2009年01月24日

「危機」の後始末も大変ですよ?

 やっと自作機はトラブルから脱しました。もう思い出すだけでゾッとしますが、OSが起動するようになればどうにかなるという見通しは甘く、何度も、システムの復元を実行しては、結局、クリーンインストールに追い込まれるというパターンの連続でした。原因自体は、おそらくほとんどがウィルスバスター2009とWindows XPのDefenderの競合ではないかと思うのですが、どのような手順でインストールしたらよいのかがわからず、苦しみました。

 最終的に、カワセミさんのご指摘どおり、自作機の場合、SP2をインストールしたら、(1)直ちにSP3を適用する(統合化ソフトでできたイメージを焼けないので、ダウンロードしたプログラムをそのまま実行)。(2)各種ドライバーを設定する。ネット経由で登録を求めるドライバ類は後回しにする。(3)ネット経由で認証を要求するドライバやソフトをインストールする前にウィルスバスター2009をインストールする。たぶん、昨年の夏は、こんなに苦労しなかったと思うのですが、手順がちょっとでも狂うと、おかしくなるので、今でも少し不安があるのですが。とはいえ、すべてのソフトをインストールするところまではいっておりませんが、デリケートな認証を要するソフトをインストールして、ライセンス部分をコピーしたら、簡単に使えるようになってびっくりです。Mathematicaなどが使えなくなると、一時期よりも価格が下がったとはいえ、ソフト1本20万弱の「投資」(全部で約90万円)が必要になるので、ホッとしました。

 当初は、今考えるとバカなことをしていたものだと思いますが、ネット経由でSP3を適用して、他のHotfixもネット経由で適用しておりました。これをやると、ウィルスバスターのファイアウォール機能が無効化されてしまい、あまり問題がないのかもしれませんが、微妙に怖い部分もあり、さらに、他のドライバを導入すると、不安定になることが多く、SP3の適用をすぐにMicrosoft Updateからダウンロードしたファイルからの実行に切り替えましたが、ネットに接続するタイミングによっては同じ現象が発生しました。極端な話、Creativeのサウンドカードのドライバを導入後、ネット経由の登録があるのですが、ウィルスバスターの導入と同時ですと、なぜかファイアウォールが無効になってしまいます。これが火曜から水曜までの状態で、疲れてしまいました。危機の後も睡眠不足でして、たまらないです。

 次に、SP2のまま、ドライバとウィルスバスターをインストールしてから、SP3をあてるという手を試しましたが、必要最小限のソフトをインストールすると、なぜかシステムエラーが頻発してダウン。木曜の夜はこれでもう嫌になりました。コメント欄をよく読んでおけば、まず、Microsoft Update経由ではない方法でSP3を適用してドライバを適用するという手順を踏めばトラブルがほとんどなかったのですが、やはり素人というのは自分でも怖いものです。あれがダメならこれ、これがダメならあれと定見もなく、試して勝手に疲れてやがる。

 なんとか金曜日の晩に自作機はほぼトラブル以前の状態に戻りました。ただ、このまま安定してくれるのかは微妙なところですので、自作機でネットにアクセスしながら、C521のUSBトラブルを解決しようとしたのがまずく、イメージリカバリーで工場出荷時の設定に戻したら、なんとUSBフラッシュメモリを挿入する段階は正常なのですが、外す段階でいきなりエラー音です。「ハードウェアの安全な取り外し」のアイコンをクリックして、該当のドライブを停止させた上で、外そうとしても、バルーン自体、出現せず、外すと、いきなり抜いたときと同じエラー音が発生します。最も、外付けHDDでPCと連動して電源が落ちるタイプでは、停止させると電源が落ちるので、気にするほどではないのかもしれませんが、やはり怖いです。

 それにしても迂闊なことに、工場出荷時の状態でキーボードとマウス以外のUSB機器を接続したことがなかったので、初めて気がつきました。このマシーンのマザーボードは確かnvidiaだったかなと思いながら、CPU-Z(CPUID)で確認したら、GeForce6150でした。購入したのが、2007年6月頃でしたが、既に古くてネットで検索しても、USB関係のパッチがなく、USBのトラブルが絶えないマザーであることだけが確認できました。USBの怪しい動作は手に負えそうにないので、こちらは、事故を起こさないように使うことにしました。

 ずいぶん無駄な時間を使ってしまいましたが、自作機でマザーボードのメーカー(ASUS)が提供しているドライバや各種ユーティリティで導入する価値があるもの、ほとんどないもの、入れると動作が不安定になるものの区別がようやくできるようになりました。それにしても年始早々から3週間近く棒に振った計算で、多難な一年の始まりです。


続きを読む
posted by Hache at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報通信技術関連