2009年03月03日

「勝者」に鞭打つ時代

 いきなり脱線ですが、なぜか「とてつもない国をつくるわよ♥の巻」という「寝言」あるいはネタのキャッシュが元通りになっていました。いちいち手作業で中身を読んでキャッシュを削除したり、復活させているというのは例外的なケースではないかと思うので、私が気にしすぎたかもしれませんが。実は、「失言の回数だけで人間の価値が測れるんですか?どうせ私は数え切れませんよあそうよの巻」という「寝言」もキャッシュがついたり消えたりと一時期、不審な動きをしていたので、ふーんと思いながら見ておりましたが。どう読んでもネタなので、なにか禁止ワードでも含んでいたのでしょうか。もちろん、グーグルにお任せ状態でこちらからクレームもなにもしていないのですが、こんなこともあるのかなという感じでしょうか。

 正直なところ、ネットで麻生応援団の様子を見ているとうんざりするので、単に嫌悪感が強いだけなのかも。昔は、(頬と頬を寄せれば)「保保連合」なんて時代もありましたから、小沢氏にひれ伏してでも連立を申し込んだらと突き放して見てしまいます。どの道、あと10年ぐらいしたら「年金・高齢者医療社会主義」になるんでしょうから、政権が交代しようが、「大連立」しようが大して変わらんでしょというところです。母上がなんとか月30万円はもらえそうとホッとしていて、あんたは倍はもらっているでしょうと言うので、「ああ、こちらの手取りの方が2、3万程度多いけれど」と漏らしたら、さすがに文句を言わなくなりましたが。

 海の向こうでは、この先4年間ぐらい弱っているかもしれない「勝者」(誤変換すると特定の業界になってしまい、とてつもなくまずいので気を遣います)に鞭を振るう期間になりそうで、憂鬱です。上位5%の富裕層(目安はだいたい年収25万ドル超の世帯のようですが)に向こう10年間で1兆ドルほど増税を行うそうで。面倒なので1ドルを100円と換算すると、たぶん私の年収の4−5倍はありそうですから同情心はないのですが、収入があるということはむしりとりやすいということだと思ったりします。気になるのは、富裕層の消費額と限界消費性向ですが、信頼できるデータがなかったので、想像にすぎませんが、増税にもかかわらず頑張って消費してくれそうな状態にはならず、収入だけでなく資産もあるとはいえ増えるところは少なそうですから、消費にはマイナスでしょう。富裕層だけではなく、中間層でもネットの効果では大した影響がないという意見もよく見かけますので、このまま金融システムが不安定な状態が続けば、オバマ大統領の任期4年間は不況ではないかと。

 ざっと見ても、財政支出を拡大させる一方、2011年には財政赤字の縮小を目指すそうで、規模こそ桁違いとはいえ、いかんせん、だんだんとどっかの国みたいで白けてきました。Washington PostではDan Balzが"Ambitious Blueprint a Big Risk The President Is Willing to Take"という記事で、皮肉ではないのですが、次のように述べています。

  William A. Galston of the Brookings Institution cited three parallels to Obama's far-reaching program: Franklin D. Roosevelt's 1932 New Deal blueprint, Lyndon B. Johnson's 1965 Great Society agenda, and Ronald Reagan's 1981 call to dramatically limit the size and power of government, which set the framework for public policy debate ever since.

なんと申しましょうか、たった4年間で一人三役というわけで、ARRAも議会とのやりとりで"green New Deal"というより、総花的になってしまいました。もともと期待していないせいでしょうが、たぶん消費が増えたり、投資が増えるというインパクトがまるでなく、オバマの任期の2012年ぐらいまで景気回復の可能性は低いのではと思います。まあ、2010年ぐらいに底が見えないと、あな、おそろしや。S&P 500が500−700台で3−5年ぐらい推移すると、阿鼻地獄でしょうか。わが国もいよいよ東証一部の時価総額の200兆円割れもありうる水準まで下がって、もう無気力になりますね。


続きを読む