2009年03月04日

止まらない危機の連鎖 GE

 こちらこちら(クレジットカードのお話はちょっと背筋が凍りますが)を拝読しながら、1ヶ月前ぐらいから英語のブログもリーダーで読むようになりました。正直なところ、どこから手をつけたらよいのかわからないので、筋の良い方が紹介してくださると、本当に助かります。ただ、こうして見ると、日本のブロガーは親切な方が多く、私でもわかるように(少なくともわかった気になるように)書いて頂いている事に気がつきます。本当によけいですが、私は自分のために「寝言」を書いているだけであって、「ブロガー」ではないので悪しからず。

 語学の問題もありますが、素人にはわからない話が多く「猫に小判」状態ですが、naked capitalismの"Credit Default Swaps on GE Capital Trade at Distressed Levels"(参照)という記事には驚きました。リンクしてあった"Default protection costs on GE Capital jump"(参照)を読んで凍りました(GEについてはThe Market Tickersにも記事があるのですが、話が紛れるので省きます)。GEの格付けをAAAから格下げも検討などの記事はタイトルだけは見ておりましたが、これは大変だなと。シティグループやAIGの影に隠れていたので、ほとんど自分用のメモですが、これまで安直に金融システム不安とか金融危機という言葉を使っていましたが、いろいろ考えさせられます。なお、原文の"upfront"が具体的にどのような取引なのか、性質については述べられていますが、実務的にはさっぱりなので、乱暴ですが、省略しております。

(1)今週の月曜日、GEのCDS(upfront)は11%で取引された(Reutersの報道では8.5%)。この数字はGEの債務1億ドルに対し、通常ならば5年間で500万ドルを支払えば済むところに1,100万ドルを先渡ししなければならないことを意味する。

(2)GEは先週、配当を68%削減する計画を発表したが、ムーディーズはGEとGEキャピタルの格付けをトリプルAから弱含みで引き続き見直しを進めている。GEキャピタルの資産は劣化しており、世界的な景気後退と金融逼迫から資金繰りが厳しい。

(3)上記の問題を度外視しても、GEキャピタルのCDS価格は上昇するだろう。というのも、GEキャピタルの債務にはCDOが多く含まれているであろう。

 GEキャピタルが「ノンバンク」と表現してよいのか、ど素人の私にはわかりませんが、シティグループやAIGなど銀行や保険会社だけではなく、ノンバンクまで公的救済の対象となるのかどうか、さらに対象とすべきかどうかはまるでわかりません。ただ、CDOをまとまって保有している金融機関が破綻した場合、信用秩序への影響がないとも思えず、あまりに素朴ですが、どうするんだろうと。もちろん、GEの苦境は、GEキャピタルの資産劣化やCDOの問題だけでなく、製造セグメントの採算悪化などの要因も無視できないのでしょうが、GEが万が一の事態を既に市場では予想しているというのは恐ろしいです。それにしても、格付けがトリプルAの企業のCDSが710bpってどうよという感じです。素人なんで相場がわかりませんが、うろ覚えでアイスランドやドバイのソブリンCDSが1000前後だったので、それよりは低い水準ですが、いくらグローバル企業とはいえ、怖い数値です。

 それにしても、"Bad Bank"が難しいことを実感します。買入資産価格の設定が難しいのは指摘されていますが、対象となる資産や金融機関の範囲などが適切ではないと、どこから金融破綻が生じるのかわからない。シニカルな気分になるのを否定できませんが、もはや「金融システムと実体経済の間の負の相乗作用」(白川方明)が本格的に作用すると、資本注入が最優先となり、金融商品を買入れた上で市場に放出するという作業は非常に困難になることを実感します。言いにくいのですが、現状では落ちるところまで落ちてからでないと、不良資産の買入と最終的な売却の見通しを立てるのはほとんど困難な印象をもちます。


続きを読む