2009年03月16日

時代は時代 私は私

 「なまもの」を食べすぎたせいか、「寝言」も浮かばなくなりました。某ブログのコメント欄でいまだに日本はバカにされているだの、お手並み拝見だの、他人事感満載のコメントを拝見すると、ダメだこりゃと。上は上で銀行が潰れる事態には至っていないとか、やらないはずの「追加経済対策」なるものが検討されるなど、混乱の極み。もっとも、この国の場合は見苦しいで済みますが、ガイトナーのモーゲージへの救済策には反発も強く、モーゲージでもたもたしているうちにまだまだクレジットカードの問題があるよとか、金融不安はいまだ収まらず。株価が下がったときばかり騒ぐのはいかがなものかという意見もかなり前にみかけましたが、騒ぐという感覚よりも、企業業績や個人の所得減少を考えると、どの水準まで低下して低位安定するのかが問題なのではと思ったりします。今回の事態は恐慌というよりも、一回ガクンと経済活動が落ち込んで底を這う「L字型」になるのではという話も耳にしましたが、これには苦笑せざるをえず、それを大不況と呼ぶのか恐慌と呼ぶのかは、かなりの部分、主観に属する問題でしょう。戦後40年近く続いた景気循環から乖離した動きをしているのが現状ですから。それにしても、ガイトナーの説得力が落ち、オバマもエスニック問題で党派的な解決を選んでいると批判される現状を見ると、アメリカも政情が不安定になるリスクが無視できず、本当に嫌になります。アメリカ人自身が選んだ顔を汚せば、アメリカの権威は地に落ちる。まかり間違えれば、時代は乱世でしょうか。

 他方、『産経』がこの一週間、一面に西松建設ばかりで見た瞬間、ゴミ箱行きです。英字紙も読んでいて楽しいわけではないので、頭を切り替えようとでかけたり、ゲームをしたりとダメな生活の連続。クリアーしようという気さえなければ『三國志[』は結構、楽しめるのでやっていましたが、セーブデータがすさまじいです。これは意図してもできないよなあと思いながら、自分のブログを検索したら、だいたい1年前だったのねと感心しました。気がついたら、自作機に切り替える前でして、よくデータが残っていたなあと。どうも旧PCの電源が不調で動かなくなってから、HDDを取り外してデータだけ全部、吸い取っていたんでした。本当にどうでもいいことに関しては手回しがよいものだとわれながらびっくりします。そういえば、「寝言」にしていたような気がしたので、自分で検索すると、昨年の3月にやっていたのでした。

 システムをまるで把握せずに、適当にやっていただけなのですが、あまりの人生の急転回に驚いた覚えがあります。宛にいた頃はまだしも、荊南で軍師といっても、戦闘は皆無でしたので、指揮をとるなど無謀。張宝と直接戦闘したのは2回だけで、2回目は配下武将に任せてしまいましたが、私の指揮の拙さで勝利したものの、徒に味方だけではなく、敵も死者が多く、耐えられなくなりました。所詮はゲームなのですが、やはり戦争というのは悲しいものだとしみじみ思います。反戦平和の徒ではないのですが、やはり戦争というのは相手を殺しにゆくことであり、当然、反撃を受けて味方も死ぬという自明のことを忘れて、軽々に事を起こすものではないことを実感します。リアルでは経験したくもない話ですが。また、他方で最後の手段としての戦争というものを見ないようにするという傾向には違和感がありますが。

 話がうってかわりますが、私の見通しがよいとは自分でも思えないのですが、昨年の暮れまで日本経済は他の国と比べて「傷」が浅いという見方が強かったことに驚きますが、私が情報不足なだけでIMFの見通しとかまるであてにしていなかったからなのでしょう。どうも、私みたいに泥臭いデータばかり見ていた人間にはわからないのですが、金融危機の影響をマクロ的に洗練された手法で加工されたデータを見ていた人は慌てて軌道修正をしたようで、「全治3年」とは一線を画している方でも、成長率の見通しの変化やGDPギャップの推計の変化から、財政出動に積極的になっているようです。率直に言えば、大いに違和感があります。

 集計された需要量(それも金額)に対応する財政政策を行ったところで、需要が不足している市場で需要が増加するかが素朴に疑問に感じますし、そもそも個々の市場(これも定義は難しい部分がありますが)において需要が不足している状態に政府が介入するべきなのかという積極的な理由がいまだにわからない部分があります。"Buy American"の問題は保護主義の文脈で問題となることが多く、私もそのような扱いをしておりますが、恥ずかしいことを言えば、本当の問題は、そんなムダなことをやりたくなる政府のインセンティブの方だという感じでしょうか。雇用の維持を政策目標に掲げると、おかしなことばかりが生じるというのが、あまにナイーブですが、率直な実感です。社会保障関係費の増額も一見、筋がよさそうに見えますが、医療や介護に限らず、人材が育つためには時間がかかり、短期的な景気刺激として行う話ではないだろうという感覚があります。また、はるか昔になりますが、高齢者の医療費無料など政治的なバイアスがかかりやすい分野であることも要注意でしょう。


続きを読む
posted by Hache at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言