2009年07月28日

自民惨敗か……。

 「これはひどい」という声が聞こえてきたので、どうせ碌でもない動画でも見ているんでしょうと流しておりました。さすがに先週の疲れがひどく、例えばこんなレポート(参照)を読んでおりますと、心が洗われる気分に。放っておいたら、「マジでこれはひどいですよ」と席を立ってほしそうなので、遺憾ながら中断して画面を覗きこんだら、さすがにひきました。

「まさか、これ麻生シンパの暴走?」
「いや、オフィシャルの動画じゃないですか?」
「だって、これ見たら、たいていはひくじゃない?」
「だから、さっきからこれはひどいって言っていたじゃないですか」
「でもさ、今、権力の交代があるかもってときだからな」
「だから、この破壊力はすごいんですよ」
「ちょっと待て。念のため公式HPで確認だ」

 というわけで自民党HPを見て愕然。当該、動画が堂々とトップにあるので、びっくりしました。一応、埋込み動画を入れておきますが、なくなることを願いますね。教えてくれたのが失礼ながら、オタクタイプだったので、普通そうな20代や同世代に見てもらいましたが、一様に絶句していました。ショックは同世代の方が大きいのかも。郵政選挙では、郵政民営化だけで本当に議席を決めるのがよいのか懐疑をもちながらも、小泉改革を後退させることは好ましくないという判断から、自民党、より正確には小泉政権を選択した人が多く、もちろん、そうじゃない人もいるわけですが、やはり前回はかなりの数が自民党に流れていたように感じます。この流れを理解していたのは、小泉氏が最初で最後だったのが遺憾であり、まさに竜王戦第3局ではありませんが、「止まったら死ぬって感じですね」(行方八段)(詳細はこちら)のところで、エンストしまくりの自民党がとうとう見放されたというところでしょうか。劣勢はいかんともしがたいのですが、意図せざる自沈を目指すというのは信じがたい感性です。



 たまたまですが、地方選挙も含めて10連勝を超えていましたが、今回は、失礼ながら負けるであろう候補に入れようかとも考えておりましたが、この動画のおかげでもうそんな義理立てもいらないかという気分に。この動画を見る人など少数でしょうし、選挙の行方を左右するほどの影響力があるとは思いませんが、自民党の党勢をよく象徴しているなあと。言いにくいのですが、日本のように伝統的に識字率が高く、エリート層と非エリート層の境界が意外と曖昧な社会でネガティブ・キャンペーンは難しいと思います。この埋め込み動画が消えることを願いますね。下手をすると、自民党の党勢建て直しができない場合、単に来る総選挙で自民惨敗で済めばよいのですが、来年の参議院選挙では再チャレンジの可能性を奪う行動すら予想せざるをえず、民主党の統治能力に不満を抱きながらも、自民党には二度と日の目を見させないという選択もありうるのかもしれません。


続きを読む
posted by Hache at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不幸せな寝言