2009年09月18日

イラクよりも「出口」が見えないアフガニスタン(続き)

 ブログの管理画面で直接、入力していたら、別のタブを閉じるつもりが間違えておりました。ほぼ、完成した状態だったので、「寝言」とはいえ、忌々しく、放置して寝てしまいました。仕事でも、「寝言」でも同じことを2度も書くのは苦痛ですが、淡々と話を進めてゆきます。操作ミスの元ですし、面倒なので、以下、元記事に直接リンクします。

 米紙の流れを見ていると、9月11日直後はアフガニスタンでの軍事行動を支持する記事が多いのですが、日が経つにつれて、懐疑的な論評や邦字紙ではあまり報道されない悲惨な現状の報告が増えてゆきます。今回、とり上げる中では最も新しいもので、New York Timesが9月15日に配信した"Obama Rejects Afghanistan-Vietnam Comparison"ではオバマがリンドン・ジョンソンになるのではという質問にオバマが答えています(参照)。まあ、この類の質問にはアフガニスタンとベトナムは異なるとしか答えようがないのでしょうが、それに続けてオバマが加えた言葉ががっくりきます。

  But, he added, “The dangers of overreach and not having clear goals and not having strong support from the American people, those are all issues that I think about all the time.”


 いやあ、(1)やりすぎる危険、(2)明確な目標がないこと、(3)アメリカ人の強い支持がないことを他人事のように挙げるとは……。なにをやりたいのかははっきりしているけれど、どうすればよいのかはまるでわからないと率直に言われたような気分で、正直なところ、沈みこみました。この状態はかなり厳しいでしょう。問題点なら概ね大統領が理解していることは伝わるのですが、私でもすぐに列挙できそうな点ばかりで、なおかつあなたが最高司令官ではないですかと言いたくなります。具体的な話がつまる前にこのような発言が出ること自体がちょっと信じがたいです。

 Washington Postは9月14日に"The 'Forgotten War'"という社説を配信しました。イラクの選挙をとりあげている以外は、昨年にイラクから全面撤退しアフガニスタンへ増派するという方針が表明されて以来、繰り返し出てきている懸念ですが、イラクとアフガニスタンに全てのエネルギーを集中しても、遺憾ながら両方とも思い通りにはならないだろうと。いくら経済的に裕福で軍事力があっても、力の使い方を知らない国は軽侮の対象になります。新しいアフガニスタン戦争が失敗に帰せば、テロ以来の軍事行動はすべて無に帰すでしょう。ひどい話ですが、アフマディネジャドあたりは笑いを噛み殺しながらオバマは御しやすいと見ているのではないかと。核を開発してイスラエルを睨みながら、イラクへ浸透するのも容易です。パキスタンは破綻国家になって核の流出が生じるリスクが高いでしょう。アメリカの権威が落ちたときに、インドは今よりもはるかに機会主義的に振舞うでしょう。元々、アメリカの影響力が及びにくい中東・南アジアといった地域が元に戻るだけだとも捉えられないこともないのでしょうが、それに留まれば、まだマシでしょう。


続きを読む