2009年09月21日

ワシントン−モスクワ バザール商人 ウラジミール・プーチン

 オバマ大統領の演説にJoe Wilson下院議員が"You lie!"と野次を飛ばしたのにはひきました。しっかし、外野から"Racism!"とカーター元大統領が火事場にガソリンを注いで激萎えですなあ(頭の悪い味方は始末に負えない)。結局、オバマがそういう問題じゃないと引き取って収めたわけですが、これはなんとも損な役回り。分断された、殺伐とした雰囲気を感じます。

 中東と言いますと、イメージとしては、脳内妄想平和主義の日本人はお断りだよ(カネはよろしく)、こちらはリアルドンパチなんて怖くないからというところですが、さすがにイランの核武装はおっかないです。オバマも窮したかと思いきや、Wasington Postが2009年9月18日付でMichael D. Shear and Ann Scott Tysonの"Obama Shifts Focus Of Missile Shield"という記事を配信していて、ちょっと驚きました。2006年にブッシュ政権が推進していたポーランドとチェコでの地上配備型MDを2011年までに地中海東部にイージス艦に配備したSM-3で置き換えるとのことで、第2段階は2015年までに地上配備型SM-3の展開、第3段階は2018年までにはICBMにも対応とのこと。ブッシュ政権が予定していた陸上配備型MDよりも費用対効果がよいとか枕詞はありますが、サブタイトルにもあるようにイランを睨んでの話であるのは明白です。いかれた「外道」からすれば、核開発してもドンドン無効化するよという意外とお気に入りの発想ですが、微妙なのはこれだけですと、イランが核開発を実施することが前提になってしまうあたりでしょうか。このあたりが神経戦の「主戦場」ですが、それは後回しにします。

 記事ではイランの100発前後の短距離ミサイルに対抗しうる戦力が必要とのことで、ICBMよりもイランのミサイル、そして核武装に対抗する戦力を優先する方針のようです。ゲーツ国防長官の発言は、イランのShahab-3などの短距離および中距離弾道ミサイルの脅威がブッシュ政権下での計画よりもより差し迫った問題だと指摘しています。Shahab-3の射程距離が約1,280kmとされているので(参照)、東欧にとっての差し迫った脅威というのはレトリックでしょうが、地中海東部に目をつけたのは興味深いです。この海域ならば米海軍が政治的な摩擦も少なく、ほぼ安全に展開できるでしょうから、現実的ではあります。もっとも、マケインまでこの問題では東欧の安全を見捨てるものだと反対していて、ブッシュ後も党派間対立の収拾ができないオバマ政権の現状をよく表しています。イランがICBMを既にもっている、あるいは公開されたオバマ政権のMD配備よりもイランのICBMの開発が進んだ場合は的外れとは断言できない部分はありますが。

 この記事は、今回の東欧におけるMD配備計画の変更は、ロシアの反発を抑えるだけではなく、イランの核開発でロシアがアメリカと協調することを促すものだと指摘しています。ロシア外務省報道官のAndrei Nesterenkoは"So far, I can say that a possible review of the U.S. position on missile defense would be a positive signal"と発言したとされており、この記事では概ね好意的な反応だとされています。わざわざ裏取引はないと断りをいれるあたりがお茶目で、いつもはやっているんでしょうねとツッコミをいれたくなるところですが。


続きを読む