2009年09月27日

白洲正子と青山二郎:評価に困る人たち

 政権交代に感想めいたことをちょっとだけ書きましたが、だんだんとどうでもよいかなという感覚になりつつあります。おおざっぱですが、政治的イッシューを大・中・小と分ければ、民主党政権が手をつけているのは、ほとんどが小程度の問題であり、中程度の問題がまばらではありますが、目につくぐらいです。ただ、政権交代後としては思ったよりも悪くはないかなと(マイナス100ぐらいかなと思っていたらマイナス90程度だったてな感じ)。問題は、民主党や連立のパートナーがやりたいことをどう進めるかというよりも、自民党中心の政権であれ、民主党中心の政権であれ、外交・安全保障、経済など想定外の危機にどう対応するのかということだと感じております。未知数ですから、今から予想をしたところで虚しく、とりあえずは政治への期待値を下げ続ける日々になりそうです。古いネタですが、3k産経新聞社会部のTwitterに書きこまれた「産経新聞が初めて下野なう」は噴きました。日本語の政権交代論もそれなりに目を通しましたが、大したものはなく、これが一番、笑えてよかったです。

 将棋の王座戦も観ましたが、羽生王座の強さに山崎隆之七段が踏み込み不足の印象が強く、残念でした。素人の感想ですので、あてになりませんが。昨年の竜王戦では渡辺竜王が思い切りよく踏み込んだのとは対照的で、ひどい目にもあっていますが、ああいう場を踏まないと難しいのだろうと。個性があるので難しいところですが、成績では文句なく好調で伸び盛りの山崎七段にはもっと怖い目にあってほしいと思ったりします。

 漸く本題ですが、連休中にNHKドラマスペシャル『白洲次郎』をまとめて放送するとのことでしたので、とりあえずといってはなんですが、録画しておきました。再生してみて録画しておいてよかったなあと思ったのは、NHKのドラマスペシャルというのは90分途切れることがなくて、録画しておいたおかげで手洗いにたつときに一時停止ができることでしょうか。ちなみに白洲次郎氏のことはなにか著作を一冊程度、読みましたが、あまり印象に残りませんでした。この数年ぐらい、よく話題になるので気にはなっていましたが、このドラマのおかげで主人公ではなく白洲正子さんに興味がむいてしまったという、いかにもちょっと頭のいかれた人らしい方向にゆくのがわれながら悲しいのですが。

 見た印象では、第1回が一番、ドラマらしくてよかったなあと。原田美枝子さん(白洲芳子役)を拝めたのがありがたく、日中戦争突入前の雰囲気や現在のケンブリッジの美しさなどが印象に残ります。イギリスの大学はオックスフォードもそうですが、本当に美しく、外観が問題ではないのですが、ああいう環境というのは日本ではまず見当たらないなあと。白洲次郎が吉田茂邸を訪れたときの雰囲気などもおもしろく、実話かどうかなどという面倒なことも忘れて、ケンブリッジはイギリスの友人が最近は共産主義者とホモセクシャルばかりだと嘆いていたと笑いながら、「君もねらわれたんじゃないの?」というあたりは吉田茂の俗っぽさと軽妙さが見事にでていて楽しいですね(原田芳雄さんはご年齢からして大丈夫でしょうが伊勢谷友介あたりは確かに狙われるかも)。

 うってかわって武相荘はこれまた美しく、お前は演技じゃなくて、そんなところばかり見ていたのかと言われそうですが、穏やかで豊かな雰囲気です。NHKのサイトを見ると、茨城県某所にロケ地を設けたようで、当時の雰囲気とは異なるのでしょうが、よい情景だなあと。岸部一徳さんが(近衛文麿公)大根を食べるシーンも不自然さがなく、フィクションの部分を興味深く見ました。

 番組後半のメインですが、GHQの占領統治と新憲法制定の過程はあまりおもしろく感じませんでした。これはやはり活字が勝るのでしょう。ドラマが悪いというより、五百旗真先生が示したような、占領統治のプロセスは、ルーズヴェルトに代表される日本の無力化という主旋律と知日派による日本の戦前のデモクラシーを認めた上で英米を中心とする秩序への包摂という第2旋律のシンフォニーというのは映像化になじまないからでしょう。このあたりは面倒なので省略します。後半も武相荘の美しさになごみましたが。番組の冒頭と終わりに晩年の白洲次郎が文書や手紙を燃やすシーンが印象的でした。「実話に基づくフィクション」として描く対象としては適切なのでしょう。それにしても、中谷美紀さんが晩年まで演じたのはさすがと申すべきか。お肌がきれいすぎる印象はありましたが。

 旧白洲邸武相荘のサイトを見たら、メールマガジンを発行していました。白洲次郎に関する知識は貧しいのですが、読んでいてなかなか興味深い記述が多く、「武相荘だより 〜白洲邸 折々の記〜」(2008年12月25日 第86号」(参照))の「武相荘のひとりごと」には下記の文章があります。

この頃とても気になることが有ります。

武相荘もお蔭様で開館7年が過ぎ、相変わらず大勢の来館者をお迎えしております。

NHKの次郎と正子のドラマなども制作中であり、それでまたお若い方々にまで関心を持っていただくのは良いのですが、正子は物書きとして世に出たのである程度は致し方ないとして、次郎は一部の雑誌などで、「日本一カッコいい男」とか、「日本で初めてジーンズを履いた男」くらいはご愛嬌としても、「マッカーサーを怒鳴りつけた男」と書かれるに至っては、白洲は筋を通してもそんな失礼な男ではなかったと言いたくなります。

情報化時代とは言え、白洲は自分の身長を公文書に175cmと申告し、正子も彼は6尺豊かな大男とは書いていますが、最近の雑誌では遂に185cmに成長し、ゴルフのハンディキャップも実際は「7」か「8」だったと思いますが、いつの間にかハンディキャップ「2」の名人に成ってしまいました。

このまま後5年もすると、白洲の身長は2mを超え、ゴルフはタイガーウッズより上手くなってしまうのでは・・・と、とても心配です。


 混乱した現代では確かなものを求めていまだに虚像を求めてゆくのでしょう。それは白洲次郎の流儀でもなければ、白洲正子の流儀でもないのにもかかわらず。私自身は、私の生きている間しか経験ができないがゆえに、あえて「混乱した現代」と書きましたが、いつの時代も同じなのかもしれません。


 続きを読む
posted by Hache at 05:59| Comment(2) | TrackBack(0) | まじめな?寝言