2009年10月12日

江畑謙介さん

 リーダーでJSFさんの記事で訃報に接しました。ちょっと言葉が出ないです。ありきたりですが、お悔やみ申し上げます。安全保障に強い興味をもったのが、キッシンジャー『外交』を読んだことがきっかけでした。古い時代はともかく、時事的な問題になると現代の兵器に関する知識が貧弱すぎて、困った覚えがあります。とりあえず、大型書店で軍事関係のコーナーで素人でもわかりやすそうな本ということで見て回った上で、某所の方にメールで江畑謙介さんの『兵器の常識・非常識』がよさそうに思えるのですが信用しても大丈夫でしょうかとお尋ねしたところ、「これだからど素人は」という苦笑を抑えているのが文面から伝わってきましたが、良書を選ばれましたねと返信を頂いて、むさぼるように読みました。

 3年ほど前、江畑さんと直接お話できたのは貴重なご縁でした。パーティの際ですので、15分程度だっただろうと思いますが、誰も信じてくれないでしょうが、人見知りが激しいものですから、私もずいぶんあがってしまい、たどたどしく自己紹介をしながら、江畑さんは想像以上に腰の低い方で私の方が気恥ずかしいぐらいでした。台湾海峡の軍事バランスの問題を少し補足していただいた上で、伺いたかったのはロジスティックスの問題でした。私は素人ですし、どちらかというと軍事が民間経済や企業に与えた影響という本当に素人的な話題からお付き合い頂きました。おそらく筋の悪い質問が多くて、江畑さんが一瞬、間を置いてから、実に驚くほどそのまま文章になるぐらい整理されたご返答を頂いて恐縮するばかりでした。

 今でも印象に残っているのは、「あなたは経済畑の方ですから遠慮されているのでしょうが、米軍も民間のロジスティックスを研究しています。もちろん、軍事と経済で目的は異なりますが、不思議と共通する部分も多いのですよ」とおっしゃっていたことでした。江畑さんご自身もSCMなどにも詳しくて驚いた覚えがあります。本当に楽しくてあっという間に時間がすぎてゆく中、岡崎久彦さんが(図々しいデブがアイドルを独占していたのを見かねたのか)ニコニコされながら、続きをしましょうということで台湾海峡の軍事バランスの議論がさらに掘り下げられたことを思い出します。

 『老子』の中でもらしからぬ一節ですが(やや鼻につく)、私自身の軍事への感覚は次の一節が基本でしょうか。「兵は不祥の器にして君子の器に非ず。已むを得ずして之を用うれば恬淡を上と為す。勝ちて美とせず」。「不祥の器」を論じるには高度の常識が必要であって、江畑さんは見事にそれを体現されていたように思います。この島国ではなかなか報われない分野でプロフェッショナルであると同時に常識の士を失いました。心よりお悔やみ申し上げます。


続きを読む
posted by Hache at 23:03| Comment(4) | TrackBack(1) | まじめな?寝言