2009年10月24日

かなり憂鬱

 朝、目を覚まして朝食を摂っても目が覚めたという実感がなく、とてつもなく憂鬱です。まあ、仕事がはかどらないからと勤務先のPCに向かっても、うっかり新聞社やニュースのサイトを見ると、これがうつ病なのかしらというぐらい憂鬱になります。元気な方を見ると羨ましくて、「また亀井さんがよい談合とか言っちゃったみたいですよ」と言われても、無反応。たった1ヶ月ですが、別の国に住んでいるようで、悪夢を見ているようです。

 私自身がわけがわからないのですが、前回の「寝言」を書いたときに読んだWashington Postの記事は、水曜日の早朝に配信されたもので、"the Obama administration warned Japan on Wednesday of serious consequences if it backs out of a commitment to allow the relocation of a U.S. airbase on Okinawa"(グーグルの英語版キャッシュには残っていませんが、転載しているサイトには残っておりました)とあったのですが、タイトルも変わってWashington Postの一面に掲載されたようです。TBSのサイトでは紙面そのものを紹介していたので、掲載される段階で"U.S. pressures Japan on military package"というタイトルになり、該当部分も、"the Obama administration warned the Tokyo government Wednesday of serious consequences if it reneges on a military realignment plan formulated to deal with a rising China"と微妙にニュアンスが変わっていました。もともとはHarden単独だったと思うのですが、連名の記事に。こちらは記憶違いの可能性が高いのですが。

 さらに、訳がわからなくなったのは文章そのものが大部分、同じのまま、"Japan: No base decision soon"(参照)という記事がメールで配信されてきて、混乱しました。さらに木曜日の午後にプリントアウトした記事と現在、掲載されている記事の内容が異なります。午後にプリントアウトした時点では後半で鳩山首相以外の民主党議員やカルダーの発言はなく、よくわからない展開です。米紙もあんまり信用しすぎると痛い目にあうのは、以前、グリーンスパンの発言をめぐって米紙の報道が混乱して邦字紙もつられたケースがあるので、今回の場合、大きな変更がないとはいえ、取り扱い要注意の記事なのかもしれません。

 それにしても、"hardest thing right now is not China, it's Japan"の"hardest"をなぜかどの新聞社も「厄介な」と判で押したように同じ訳になるのが不思議です。定訳なんでしょうか。協調性がないせいか、漢字(「厄介な」)かひらがなか(「やっかいな」)という違いこそあれ、まったく同じというのはちょっと気もち悪いです。誤訳かどうかという問題ではなく、ついつい「談合」のにおいを感じたりします。それにしても、WSJなどでは連日、Galleonの問題が記事になるのに、日本では『日経』以外では記事が少ない気もいたします。昨年のような形で不良資産問題が顕在化する可能性は低くなっていますが、万が一、金融問題が起きたときにオバマ政権の選択肢が狭くなっていることは理解しておいた方がよいのではと思ったりします。;

 『世界の論調批評』の「法律家的発想のオバマ・ドクトリン」(参照)はさすがだなあと感心したのですが、余計に抑鬱状態になりました。太平洋の東側を「国際情勢が生きたものであることも知らない、戦略的発想も無い、法律家の素人論」が支配しているとすると、西側は単なる素人集団が内閣を担っているわけでして、まさに不確実性、すなわち何が起きても不思議ではない状態ということになりましょうか。日米安全保障条約の廃棄があっても驚くことではないのでしょう。

 てなわけで、憂鬱ではありますが、徐々に悪い話が出ても、感覚が鈍麻してくるという意味では徐々に「耐性」ができているのかも。新型インフルの話題が多いのですが、以前のまま、うがいと手洗い以外の対策はとっておらず、自分でも大丈夫かなと。お医者さんに相談したところ、輸入ワクチンの相性はわからないので、あたふたしないのが一番ですよとのこと。嫌な時代だなと思うのは、医療機関従事者が最優先というのはおかしいのではないかという主張をする人が周囲でも若干ですが、いることでしょうか。一番、感染リスクが高く、なおかつ倒れては困る方を優先するのは当たり前ではないのかと思うのですが、どうもそういう優先順位をつけること自体がけしからんそうで。私自身が幼いときから協調性がなく、なんだか他人と違うんだろうなあと自意識過剰でしたので、なにが「常識」なんだろう、「常識」を形成する主体はなんだろうと「常識」を「常識」として意識していかなければ生きることに困難を感じる非常識な生活を送る日々です。


続きを読む
posted by Hache at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 不健康な?寝言