2009年11月16日

オバマ大統領のサントリーホール演説は歓迎

 日米共同記者会見でちょっとドキッとしたのは、APの記者の質問でした。アジア歴訪後、9/11の裁判でオバマ大統領が大忙しなのは自明で、アフガニスタン増派も難しくなってくるでしょう。この時期にアジア歴訪に1週間程度かけること自体、オバマ大統領のアジア重視の姿勢は、その成否の見込みは別として、本物だなと思います。

 それにしてもホワイトハウスは仕事が速いのでびっくりです。お昼過ぎには、サントリーホールでの演説がアップされていて、なおかつ中国語訳、インドネシア語訳、日本語訳、韓国語訳も同時にアップされていました(参照)。読んでみての全体としての感想ですが、ブッシュ政権の最後の2年間で混乱したアジア太平洋政策が大枠として示されたと思います。全体像を示しただけに、つまみ食いで終わりそうですが、可能な限り、オバマ大統領の政策を追ってみたいと思います。

 その前に、鳩山首相がこの国の代表と思うと本当に憂鬱になるのですが、なにがこのお方の癪に障ったのだろうと演説を読んでおりますと、これですかね。「成否の見込み」は別としてと留保せざるをえないのは、鳩山政権がアジアにおける最大の不安定要因ではないかと感じる部分が大きいのですが(私自身は鳩山首相を盧武鉉前韓国大統領と比較すること自体、盧武鉉氏に失礼であろうと。統治後半の乱れは目を覆うものがありましたが、彼はイラク戦争でさえ、工兵を500人程度、派兵しました。私は韓国人ではありませんが、鳩山首相にそれだけの決断力があるのでしょうか?)。下記の文言を読みますと、既に普天間移転の再検討というだけで米国との合意を破棄したとられてもおかしくないと思いますが、会談の直後に掌を返す相手と交渉が可能なのか、私自身は非国民ですから、大いに疑問に感じます。

We've agreed to move expeditiously through a joint working group to implement the agreement that our two governments reached on restructuring U.S. forces in Okinawa.

沖縄駐留米軍の再編に関して両国政府が達成した合意を実施するために、共同作業グループを通して迅速に進めてゆくことで合意しました。


 この話題はバカバカしいので、本題に戻します。まず、訳が4バージョンもあることで、主たる聴き手はアジアの広い地域にわたるとみてよいでしょう。ある程度、アメリカ国内を意識しているのは対中政策を述べる冒頭部分で"Now, as with any nation, America will approach China with a focus on our interests"あたりぐらいでしょうか(国益に基づかない外交など意味がないわけですから、単純な対中宥和と国内で非難されるのを意識しすぎている印象があります)。

 述べられている内容が包括的ですので、わかりにくい印象もありますが、大雑把な構成を見ますと、鎌倉の大仏(抹茶アイスは噴きました。神戸牛やマグロなど食べ物の話が多いのがちょっとだけ楽しいです)やインドネシアでのなどを引き合いに出しながら、現実政治を語る際にはまず、ハードパワー、軍事同盟がアジア・太平洋地域安定の基礎であることが明確に述べられているのは、当然といえば当然ですが、まず、抑えておくべき点でしょう。というのは、演説全体の構成が、ハードパワーに関する言及から始まり、経済外交の基本で中国にも触れながら成長戦略について述べています。その上で、ちょっと驚きましたが、"Now, let me be clear: So long as these weapons exist, the United States will maintain a strong and effective nuclear deterrent that guarantees the defense of our allies -- including South Korea and Japan"と核抑止へのコミットメントを行っていて、まるでソナタ形式のように、ハードパワーが基礎であるという主題が提示され、途中でソフトパワーについて触れて、再度、ハードパワーに触れて最初の主題がより強く明瞭に提示されています(北朝鮮に関しては拉致問題まで触れられているのは更によい意味で驚きですが)。

 興味深いのはミャンマー(ビルマ)を最後にもってきて、異なる価値観とどのように接するかというアジア・太平洋の最も難しい問題へのアプローチを示している点です。日本語訳があるおかげかもしれませんが、これほど明瞭な演説はオバマにしては珍しく、構成もわかりやすく、おそらく、オバマ政権の間はこれがアメリカの対アジア太平洋地域外交を理解する基本になる演説なのでしょう。演説に酔っているわけではありませんが、米軍のプレゼンスがアジア太平洋では致命的であるという基本と経済協力関係についてこれほど整理された文書はなく、アジアの片隅に住む者としては率直に歓迎します。ちょっと気になるのは、教科書的なぐらい整理されていて、それだけ入念に準備された演説だということだとは思うのですが、ちょっときれいすぎるかなという点は気にしすぎだとは思いますが、やはり気になります(「白か黒かはっきりしないか!」と自分でも思いますが)。

 核抑止に関して驚いた理由は、ことが起きてから日本や韓国を宥めるためにでてきた抑止の問題を米国のコミットメントとして大統領が明確に述べたことです。前政権のライス国務長官、現政権のクリントン国務長官が繰り返し表明してきましたが、北朝鮮のアクションとは直接の関係がない状況でこのコミットメントを大統領が行った意義は大きいと思います。どこぞの鄙びた島国の与党支持者と野党支持者などは自前の核武装が安く済むのか算段でもしていればよいでしょう。当然、同盟関係にあることが前提なのですから、それを壊す行為がなにを意味するのかは、オバマ大統領の本意ではないでしょうが、明確になったと思います。

 さらに、興味深いのは、二国間関係と多国間関係について、かならずしも明確な優先順位をつけてはいませんが、両者が補完関係にあるということを明示した演説だという点も目をひきます。また、軍事については基本的に二国間関係、あるいは同盟が基本であり、経済に関しては多国間関係で行うという、ASEAN諸国がほしがるであろう部分にも目がゆき届いた上で、骨格がしっかりと整理されています。APECを意識しているは当然として、経済関係で強調されているのはG20とドーハラウンドであり、ついで自由貿易協定の順になっています。ちょっと気になるのは経済危機への認識自体は正確そのものだと思いますが、本当にアメリカが貯蓄を増やすことができるのだろうかと。バカにしているわけではなく、これは現実にはなかなか厳しいだろうと思いますが。

 というわけで各論には踏み込まずに総花的に眺めただけになりましたが(「また長い」と言われると苦笑しつつも、痛いところを突かれてしまいますので)、複雑なアジア太平洋地域においてオバマ大統領は現実的で、なおかつアメリカの価値観を代表するのにふさわしいと思いました。対中貿易摩擦が頻発するなか、アメリカの貿易政策の本質を「開放的」とした上で、それを進める努力へコミットしたことは経済に偏した見方かもしれませんが、一つ間違えると、まさに、"competing spheres of influence"(勢力圏)の争いになりかねない(あるいは既にそうなりつつある)地域においてアメリカのコミットメントは本質的だと思います。この演説で述べられていることがworkするか否かは、この島国にとっても致命的でしょう。朝、チラッとつまらないテレビ番組を見ましたが、対等か否かというよりも、アメリカの外交政策が日本にとって利益か否かを考える方が致命的な問題でしょう。私自身は、アメリカの指導者は日米両国がほとんどの点で利益を共通しているとこの演説で表明したと感じましたが。私ごときが申し上げるのは躊躇いもありますが、一国の指導者たるもの、アメリカに異議ありなどという見栄などのようなケチくさい勘定ではなく、国民の利益を代表して冷徹に動いて頂きたいものだと心より願います。


続きを読む