2010年01月14日

中国とイランの枢軸?

 時間がとれません。左下肢が日・月とそれぞれ1万歩程度、歩いてから痛みます。1ヶ月に一度の診断では、むくみではないだろうと。ベテランの先生による触診ですので、信頼しているのですが、血管がぴくぴくするので気もち悪いです。2ヶ月前からワーファリンの投与を中止しているので、いつでも再発するリスクがありますし。ちょっと立ち止まって考えたいことが山ほどあるのですが、私の能力の低さと不安のせいで、落ち着かない日々が続いております。

 それにしても、財務省というのは世間では評判が悪いのですが、大したものだなあと。ほとんど整合性のないマニフェストを税制改正の方向性としてロジックをたてるのは並大抵ではない苦痛でしょう。時間がとれたら、こちらも考えてみたいと思います。小沢氏のゴタゴタでさらに民主党離れが進むでしょうが、この数年間は混乱するにしても、なにも生まなかったでは日本社会が内外の問題に対応する能力を失うでしょう。個人的な趣味では、消費税増税のような大きな話(税率を上げるべきだ下げるべきだという床屋談義にはいま一つ興味がわかないというひねくれ者ですが)よりも、租税特別措置に興味が向きます。

 世の中を捨てるほどの胆力もなく、英字紙を読みながら、向こう10年ぐらいは大変だろうなあと。2010年1月11日のWall Street Journal(Asia edition)の社説、"China and the Islamic Republic"(参照)はコンパクトですが、興味深いです。プリントアウトすると、左上のタイトルが"The Beijing-Tehran Axis"となっていて、こちらが本音なのでしょう。この社説の主張をごく簡潔に要約すると、中国は国内体制を維持するために非民主主義国家を支援しているということです。この判断が妥当かどうか、私自身は材料と力量が乏しいので断言はできませんが、中国脅威論としては読んでおいた方がよいと思いましたので、以下、自分用のメモです。


続きを読む