2010年03月11日

日米関係を漂流させる世論の「民主党化」

 いわゆる「核の密約」自体は大騒ぎするほどのこともないと思います。要は、民主党政権が二度と自民党政権の復権を許さないために、過去をあれこれ穿り返しているだけでしょう。なにより岡田外務大臣は郵政選挙で大敗を喫した当時の民主党代表であり、この問題にかける執念はなみなみならぬものがあるでしょう。小泉首相(当時)は、選挙後、民主党に寛大な態度を示しましたが、そのような寛容は民主党政権においては期待すること自体、どだい無理な話です。

 リーダーで日本語で書かれているものを見ると、ほとんどが非核三原則をどうするのかという問題を論じているようです。まあ、核抑止に関してはアメリカの、いわゆる「核の傘」に依存している以上、理解できないこともないのですが、非常に視野の狭い議論ばかりです。もっとも、某参議院議員をおもちゃ扱いするために国会の議事録を適当に検索するような者に言われたくはないでしょうが。

 例えば、北朝鮮有事の際にどうするのだと問題にする方がいらっしゃいます。これは簡単な話でして、有事ということは抑止が破られた状態、あるいは破られるであろう事態になるわけですから、核戦力よりも通常戦略戦力で北朝鮮の交戦能力を破壊する、あるいはそのような準備をすることになるでしょう。そのような事態を想定すれば、核抑止の問題が決して小さいとは思いませんが、むしろ通常戦力を含めた拡大抑止が保障されることが肝心でしょう(抑止が破られた状態で拡大抑止というのは奇妙に響くかもしれませんが、抑止力というのは、事前の予測が完璧でありえない以上、抑止が破られた際の抵抗する能力でもあります)。日本の安全という、核心とはいえ、極めて狭い日米安保体制の問題に関して、非核三原則の問題を持ち出すのは、現政権が拡大抑止に関するアメリカのコミットメントを弱めるようなことばかりしている現状を覆い隠すことにしかならないでしょう。岡田外相の核の先制攻撃の否定など核抑止の拒絶など、日本の安全にかかわるアメリカのコミットメントを揺るがせかねないことをしていることを無視しているという点で、意図と反して、民主党政権の思い通りでしょう。先日のワシントン・ポスト紙の社説は、あまりに藤田議員の奇矯な議論に紙幅を割きすぎたことに問題があるのでしょう。本質的な問題は、民主党政権が言葉ではなく行動で日米安保体制にコミットしていないことです。

 もう一つ不思議なのは米紙では継続的に報道されているオバマ政権による"Nuclear Posture Review"への懐疑と批判がまったく出てこない点です。もちろん、この問題そのものは、日米関係から生じているわけではありませんが、アメリカの核戦略を考慮せずに、非核三原則が云々というのは政策を議論するための健全な前提を欠いているでしょう。私自身、核抑止の問題に詳しくないので、本業に支障が出ない範囲で整理しておきたいと考えておりますが、アメリカの核戦力の削減はロシアとの関係を中心に中・東欧諸国の懸念を招いています。アジアにおいては中国の核戦力の実相がわからない部分がありますが、米ロ関係よりも深刻な結果を招く可能性が高いでしょう。実態はともかく、少なくとも中国からすればアメリカの核戦略が宥和的であると映れば、核戦力によってアジアにおいて米軍の介入を抑止し、勢力圏としようとするインセンティブを高める可能性が高いからです。

 翻ってみれば、冷戦期以降、1990年代には混乱がありましたが、小泉政権以降、日米同盟は核抑止を中核とする拡大抑止へ発展させる方向が明確になりました。アフガニスタン戦争やイラク戦争があったために、「世界の中の日米同盟」へやや拙速の感もありました。しかし、日本の安全を守るという日米安保体制における日本の国益の核心部分を確実にすることと、極東の安定とが両立するという方向性が明確になった時期でもありました。幸い、普天間基地問題の混迷にもかかわらず、連立与党関係者は絶望的ですが、世論の大半は日米関係の安定を望んでいるとみてよいと思います。本質的なことは、日本の安全を守る拡大抑止が極東を不安定にするのではなく、現状維持にとって不可欠であり、それが翻って日本の安全を確実にするというコミットメントを民主党を中心とする連立政権が揺るがせているということです。今回の「核の密約」に対する反応を見ておりますと、普天間基地問題では当初の私の懸念は幸い、外れましたが、世論の「民主党化」が進むのではと懸念します。

 なお、集団的自衛権を憲法上、行使できないという解釈を変えない限り、あくまで家庭仮定の話にすぎませんが、朝鮮半島有事においては、「米軍の武力行使と一体化しない範囲で」在留邦人を日本へ退避させる程度の役割しか果たせないでしょう。この問題は、現実の問題としては核抑止の問題と無関係ではありませんが、区別して整理しておく必要があると思います。なお、北朝鮮からの核攻撃に関しては、中国に対する核抑止とは異なる側面が大きく、PAC3、可能であればTHAADがより重要でしょう。

(追記)文中に誤りがありましたので、下線を施して訂正いたしました。また、一部、加筆いたしました(3月11日)。


続きを読む
posted by Hache at 06:14| Comment(3) | TrackBack(1) | まじめな?寝言