2010年04月21日

寝たきり日本?

 血管内科の診察と検査が終わって、清算へ。頸動脈のエコー検査でドキッとしましたが、動脈硬化はないですねと看護士さんがニコニコしていました。そんなわけで、気分がよい状態でしたが、受けとった診療明細を見てぶったまげました。実は、それまでの領収書でも、「初・再診料」とか「医学管理等」とか「検査料」とか「投薬料」とか点数が表示してあって、こんなに細かい明細が必要なのかと。今回受けとった明細はさらに詳細が示してあって、笑ってはいけないのでしょうが、初・再診料に、再診が69点で回数が1、明細書発行体制等加算1点でやはり回数が1。以前ですと、休診のお知らせと領収書が1枚で済んでいましたが、今回からは領収書には収まらず、わざわざホッチキスで留められていました。思わず、「これが噂の」と思わず漏らしたら、窓口の人が苦笑していました((追記)こちらの記事を以前、読んでため息がでました)。誰のためにこのような明細を出すのか、まったくわかりませんでした。

 もっと驚いたのが、調剤明細書でした。いわゆる「医薬分業」で診療所(実は○○クリニックというのは診療所だというのはまったく知りませんでした)とは別の薬局で薬を受け取るのですが、ここでも薬剤明細書がでてきました。調剤明細書には区分があって「調剤技術料」(項目名 調剤基本料(40)、調剤料(89)かっこ内は点数)、「薬学管理料」(項目名薬剤服用歴管理指導料(30))、「薬剤料」(項目名 伏せますね(525))とありました。思わず目が点になったので、これって厚生労働省の嫌がらせですかと尋ねると、薬局の方も大笑いになって、困ったものですと漏らしていました。申し訳ないですが、シュレッダーにかける書類が増えるだけですねと話すと、次回からは不要ですよということでしたので、喜んでなしでお願いしますと申しておきました。

 実に些細なことではありますが、医療機関側と患者側のどちらにどのようなメリットがあるのかまるでわからないことが実施されること自体、なんとなくその背後にある政府の無能さを感じとってしまいます。面白半分で別のお医者さんに見せたら、コピーしてもいいですかと尋ねられたので、どうぞどうぞと。勤務後で思った以上にへとへとになってしまっていたので、私の理解が怪しいのですが、政権交代で長妻氏が厚生労働大臣になって、この方針が出たとか。私は繁文縟礼の類は亡国の兆と感じてしまう方なので、やはり世も末かと。勤務医が不足しているので開業医(診療所)の診療報酬を下げて、勤務医をほんのちょっとだけ上げて、開業医になるインセンティブを抑えて勤務医を増やそうとしているとのこと。経済の立場からはどう思いますかと尋ねられて、経済以前に普通に考えてアホですなと一言。先生も思わぬ反応だったか、大笑いになりました。朝三暮四ならぬ逃散防止でしょうが、制度いじりをちょっとやったぐらいじゃ医者になりたいという奇特な方が減るだけでしょうと。

 まあ、もっともらしいことを付け加えるならば、医療への需要が増えていて供給不足が続くというのは、医療の場合、政府規制でがんじがらめなわけですから、市場に代わって需給を調整する役割を担っている政府がアホでしょう(全然もっともらしくないなあ)。根本的な問題は、健康保険あるいは公的医療保険制度ですが、現役負担が3割というのは私のように病気が多い人間には厳しいのですが、他の健常者の方の保険料を食いつぶしていることになります。どの程度の負担ならば耐えられるのかというと悩ましいのですが、本人負担5割あたりが上限でしょうか。もっとも、妻、子どもがいないので普通の世帯の感覚からはかけ離れているかもしれません。扶養者に関しては上限はもっと低いでしょう。その上で、高齢者の自己負担を増やすよう、説得せざるをえないと思います。医療費全体の抑制はやはり困難であり、この点での小泉改革はやはり問題が多かったと思います。


続きを読む
posted by Hache at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言