2010年04月25日

オバマ政権の理性崇拝へのNATOの賢明かつ慎重な留保(後編)

 帰ってきて『日経』の夕刊を見たら、「普天間移設 『現行の辺野古案受諾』」とありました。ほおと思って読むと、米紙、それもワシントン・ポスト紙の報道とのこと。嫌な予感ですね。あれかなと思って、リーダーで開くと、やはり、John Pomfretの"Japan moves to settle dispute with U.S. over Okinawa base relocation"という記事でした。『日経』の記事では電子版となっていました。Pomfretが伝えるところでは、オバマ大統領は"During the 10-minute encounter, Obama told Hatoyama that the two countries were "running out of time" and asked him whether he could be trusted."と語ったとのこと。日米両国は時間を浪費してきたと述べた上で、「信用できますかね」というわけで、かなり厳しいですな。この記事は、観測記事の匂いもします。

 辺野古への移設を概ね受け入れたとしても、それが交渉のスタート点にすぎないということが米政府関係者の話として示されているからです。向こうは、日本政府の手の内を知っていて、辺野古案以外ではまとめられないことを読み切っていると思った方がよいのでしょう。さらに中国の挑発にも触れています。

  Other events might also have pushed Tokyo to modify its tune.

  In mid-April, warships from China's navy conducted one of their largest open-water exercises near Japan. China did not inform Japan of the exercise, and during one of the maneuvers a Chinese military helicopter buzzed a Japanese destroyer, prompting a diplomatic protest from Japan.


 事前通告なしの演習だったわけで、アメリカさんと手が切れたらいつでも沖縄をとりに私たちが来るわよというシグナルを送って頂いていたわけですね(台湾より日本が先に一国二制度を適用されるのかもね。本州ぐらいかな、香港程度の扱いを受けるのは。沖縄は直轄領でしょうね。地図を見れば、太平洋の西側を支配するための要衝ですから)。ありがたや、ありがたや。止めを刺すようにPomfretは、"loopy"を一躍、流行語にしたAl Kamenのコラムと4月14日の党首討論の内容にも述べています。

 Hatoyama also has faced pressure from inside Japan. When Washington Post columnist Al Kamen deemed Hatoyama the "loser" of the summit in a column on April 14, it caused a media storm in Japan. On Wednesday, Hatoyama surprised many in the Diet, Japan's parliament, by seeming to agree with the thrust of the piece.

"As The Washington Post says, I may certainly be a foolish prime minister," he said, because he had sought to reopen the Futenma issue. "If I'd settled . . . last December, I can't say how much easier things would have been, but we weren't in a situation where we could work on reclamation work," he said, referring to long-standing opposition in Okinawa to Futenma's relocation to a landfill site on its east coast.


 「愚かな」が"foolish"になっているのがポイントですかね。『時事通信』がネットで配信していた「最近の首相発言のぶれ」という記事はコンパクトで、内外政ともに混乱していることを簡潔にまとめてくれています。

「全身全霊で、ある意味、当然命を懸けてという思いも含めて、職を賭すというのはそういう思いで連日努力している」(同日夜、記者団に)

 次の段階として矢印がついて「?」となっているのは異例ですな。正常な読解力があればわかるだろうってことでしょうか。それにしても、まあ鳩の首を使うとしたら、名護市で焦げ臭い鉄板の上で土下座でもしてもらうぐらいですかね。本当に、使えねー。

 そんなわけで、オバマ大統領のあやうさなんて書いていましたが、率直なところ、うらやましいですね。この政権と民主党が多数の国会で決まった子ども手当ても混乱だらけ。もちろん、政府は存在しますが、なんだか衆愚政を通り越して無政府状態に近いような。いや、トップがあのざまで、与党もでたらめで、それでも政府が一応、機能しているわけですから、日本の官僚というのは優秀なんだなあと、しみじみ感じ入ります。嫌みはまったくありません。事業仕分けという茶番で斬られ役までやっていただけるわけですから、公務員の年金は削減対象から外しても無問題です。グーグルでも「民主党 最悪 日本滅亡」(参考)が「官僚 最悪 日本滅亡」(参考)を上回りました。まあ、「自民党 最悪 日本滅亡」(参考)には両者とも勝てないのがなんともですが。

 日本政治をうっかり見ますと、めまいがしますが、気をとり直して、大西洋同盟とNPRです。チャーチルの胸像をイギリスに送り返すなど古女房に心ない仕打ちをしているオバマ政権ですが、NATOはさすがに核軍縮に「待った」をかけました。基地の外で基地外(くるっぽー)のせいで基地でゴタゴタしている日本の方がかまってもらえるという奇妙な状態になっているわけでして、なんとも悩ましいです。


続きを読む