2010年04月29日

平和な日々

 なんだか春なのか実感がわかない気温の日が続いたせいか、風邪をひきました。頻度が高いので、ああ、またかというところですが、なかなか性質が悪いです。鼻詰まりがひどくて、寝ているときに口で呼吸しているようで、のどをやられました。珍しく発熱するに至ったので、休日はこれ幸いと寝ることに。野菜がそれなりに高いので参りますが、余計な外食や買い物(含むタバコ)は控えてしまうと、驚くほどカネがかからないですなあ。1日500円で生活できてしまう。ルーピー政権が失政の結果として目指すであろう消費税20%も怖くねえなあという気分になります。

 アクセス解析をボーっと眺めていたら、月曜日が異常値を示しているのですが、アクセス元がわからず、ユニークアクセスで一件だけ秀吉をローマ字にしたアドレスの某巨大掲示板群に貼ってあったようです。あそこには貼らないでほしいのですが、そう書くと貼りたくな人が出るというのもあり、難しいところですが。とりあえず、迷惑なので控えて下さい。アクセス数が増えても、なんのご利益もないのは過去に経験済みですので、まあ、こんな扱いでしょうか。貼った人の意図として考えられるのは、変なコメントが増えて、炎上させようというあたりですが、どうも「萌え」要素がまるでなくて、ホッとしたというところでしょうか。もっとも、カウンターで500を超えるのが珍しいだけで、よく見ると、400を超える日はポツポツありますね。

 リーダーで読んでいたら、「政治的危機」と書かれた記事があって、思わず苦笑をこらえました。ギリシャと比較するのは、向こうの人たちに悪いような気がします。日米関係が日米安保が切られないという最低ラインに到達しているのは気もち悪いのですが、バカな政権ができてから、半年経っても、郵便局が図に乗っているのが腹が立つ程度で、警察官や自衛官など公務員がストライキをやるわけでもなく、役所も事務手続きが滞るわけでもなく、よくまあ支障が出ないものだなあと。電気やガス、水道は止まらないし、電車はいつも通りダイヤきっちりで来てくれますし、ネットバンキングだとほとんどの決済が無料で終わってしまう。いやあ、これはギリシャの人たちに申し訳ないでしょうと。以前、こちらで書いたことが大筋で実現してしまっているので、ユーロ圏が崩壊するまでどれぐらいかかるのだろうという、気の利かない「寝言」ぐらいしか浮かびませんね。

 ヒヤッとするのはSSECの動きで、中国の高度経済成長が終わりに近付いているのか、さっぱりわかりませんが、中国頼みでなんとかやってきた景気回復もそろそろ終わるのかなあなんて適当なことしか頭に浮かばないですねえ。人身御供になって個人消費に貢献しようなんて健気さの一片もないので、ひたすら財布の紐を締めて、日銀券を愛する時代が続くのでしょうか。


続きを読む
posted by Hache at 23:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言