2010年06月09日

菅直人内閣への不安

 日本政治に関心を持続することに困難を覚えます。Zakariaの"What does China want?"というWashington Postに2010年6月7日付で掲載された記事の方が、中国外交の傲慢さがピークに達するとともに、中国共産党の経済運営の行き詰まりを間接的に示していて、これまでの米紙の報道を後追いするとともに、かなり危険な時期に入っていることを示唆していると思います。そうはいっても、「寝言」よりもリアルの睡眠が最優先なので、折を見て。

 韓国人から菅首相になって普天間問題が解決するのかという質問を受けて閉口しました。こればかりは鳩山前首相がひどすぎたので参ったのですが、米紙の報道を見る限りは、菅首相への期待値が高い可能性が本線でしょうと。もはや出口が見えない状態ですが、アメリカがどの程度、我慢できるかによるだろうと。ただし、米紙の報道は菅首相への期待値が高すぎるぐらいであり、日本に関する報道は特定の記者に集中しているので信頼性が薄いけれども、オバマ政権がある程度の忍耐力があれば、事態の進展がないことに肝要だろうと。日米関係そのものが切れる確率は低いだろうと。

 日本のマスメディアに染まってしまうと、韓国人も日本人化してしまうのだなあと感心してしまったのは、小沢氏との距離。民主党自体に拒否感が強いのでバイアスが強烈にかかっているとはいえ、昨年の揮発油税の暫定税率一つをとっても、小沢氏がいなければ予算は上がらなかったであろうと。民主党には常に空中分解しかねない危うさがあって、小沢氏も報道にあるような批判を受けるべき点も多いが、自民党パージの次は小沢一派パージで、積極的な部分(汚れ役・嫌われ役を厭わない)は完全否定されてしまう雰囲気はちょっとついてゆけない部分もあります(「お縄一郎」にわくわくするのは否定できないのではありますが)。韓国の歴代大統領もカネ絡みのスキャンダルで追い込まれてしまい、そのことが必ずしも韓国政治に好ましい影響を与えたのかどうかと逆に質問を投げかけると、黙りこくってしまいました。平たく表現すれば、自民党は空気のような存在になり、小沢、鳩山と憎まれ役が表舞台から去った後、ダイレクトに民主党の政権担当能力が問われる段階に入ったというところでしょうか。

 ただ、閣僚名簿も出ない段階であれこれ憶測が多すぎてうんざりしていました。名簿を見て不安になったのは、やはり仙石由人官房長官でしょうか。イデオロギーがどうというよりも、ポスト小泉政権が機能不全に陥ったのは内閣官房が機能しない政権が連続したことが多いと感じております。やはり最強は福田康夫氏で、2004年に血栓性静脈炎を患ったその時期に退任されてしまいましたが、内閣官房は機能するのかと悲鳴を上げました。後任の細田博之氏が地味ながらまとめていたのは想定外のことでしたが。仙石由人氏に関してはイデオロギーの点で批判が多いのですが、そんなことよりも、やはり連立政権内の調整で重大案件が少なくなく、強制力をもった調整ができる能力があるのかは現時点ではまるでわかりません。どちらかというと、怒りっぽい仙石氏には不向きなポストではないかという不安をもちます。もっとも、北岡伸一東京大学大学院法学政治学研究科教授と御厨貴東京大学先端科学技術研究センター教授の昨年の対談によると、下記のような状態だそうですのできっと杞憂なのでしょう。

北岡 一方、党を立て直す気概や能力を備えた、四十代、五十代くらいの人材がいるかと見渡してみても、正直、あまりいないんですね。選挙で大敗したこともあるのですが、根本的は長老支配のつけがまわってきたとしか言いようがない。民主党であれば、五十歳前後で、野田佳彦・前原誠司・枝野幸男・玄葉光一郎など、立場はそれぞれですが、次を担いそうな名前がすぐに浮かぶのですが。いっそ小渕優子氏くらいまで世代交代したほうがいいのかもしれません。(笑)

御厨 善し悪しは別にして、かつて若手の教育機関の役割を果たしていた派閥が弱体化したことで、自民党には人材が育っていないんです。こういう危機的状況に立ち至ってみると、よく分かります。気がつけば人材の面でも民主党に逆転されていたんですね。
(『中央公論』2009年10月号 33頁)


続きを読む
posted by Hache at 01:03| Comment(1) | TrackBack(1) | 気分しだいの寝言