2010年06月14日

J. S. バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータとソナタ ライブ編

 以下、不躾な部分もあるので、匿名の状態で感想だけ記しておきます。この曲とは一生の付き合いになりそうなので。

 うーむ、変な感想になりますが、無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータをライブで聴くのは、実は、初めてなのですが、実際の演奏を聴くだけではなく、見ると、想像以上の難曲だなあと。ソナタ第1番のフーガが凄まじいのでありまして、ミスがいくつかあるのは素人でも気がつくのは容易なのですが、この曲が現代とは限らないのかもしれませんが、演奏者にとって要求するレベルが非常に厳しいことに気が付きます。演奏はヴァイオリニスト一人で、なおかつ暗譜(スコアを置かないのは譜面をめくっている余裕がないので当然ではありますが)で演奏していてどこまで演奏したのか迷いそうです。しかも、緻密な構成なので音が流れてしまったり、飛んでしまうと、一気に崩壊するリスクが高い。録音ですら、全曲を通して安心感があるのはハイフェッツぐらいでしょうか。驚いたのは、シチリアーノでして、この音色は言葉では表現できないです。パルティータは安心して拝聴しました。

 とある公会堂のホールで聴いたのですが、どうも、残響が強いのか、席が悪かったのか、音が割れるように聴こえることが少なくなく、ちょっと厳しいです。気になったのは、室内の湿度の低さでしょうか。高温多湿の日本という国はヴァイオリンにとって決して優しい環境ではないのでしょう。しかし、ホール内部は空調が利いていて目がカラカラになるぐらい。他方で、高音のときにはなんともいえないよい音色が出ていて、もう少し前の方に座ればよかったのですが、G線で出ている音色なのかはわかりませんでした。ソナタとパルティータの第1番が終わったところで休憩。これは演奏者を苦しめる曲だなあと。紹介して下さった方は、聴いている方が冷や冷やすると、困ったような様子。ただ、演奏が止まるようなミスはなかったので、ライブではかなり完成度が高い方でしょう。というよりも、ライブで全曲を披露されるというのは、向上心が強い方なのだろうと。本当に貴重な機会でした。

 ソナタの第2番ですが、アルマンドは第1番と同じく、なんともうっとりするような美しさがあります。問題は、第1番よりもフーガが長く、技巧というより、ほとんど嫌がらせに近いレベル。若干、ミスが気になりましたが、第1番のような抑圧された曲より演奏者にとっては弾きやすいのでしょうか。ただし、こちらは低音で苦しい部分が多く、使用楽器がわからなかったのですが、ご一緒した方々はほとんどがグァルネリに近い音色とのことでしたが、低音の響きが「カノン」のような低音でドーンとくるような迫力ではなく、高音の華やかさは、ストラディヴァリウスではないにしても、かなりよい感じでした。注目は、実はソナタの第2番ですと、第3楽章(という表現でよいのかは素人ですので疑問ですが)のアンダンテ。緩徐楽章のようでボウイングの方に注目ですが、見事に弾かれていました。フーガ−アンダンテ−アレグロという構成自体がしっかりしすぎていて、厳しいのですが、ソナタの第2番のアンダンテがほぼノーミスで弾けるということは演奏者の技量が高いことを示していると思います。バッハの緩徐楽章は異常に要求水準が高くて、全曲録音を残している演奏家でも、間延びしていたり、時折、主題と通奏低音がやや混乱している部分がありますので。

 この日の目玉はやはりパルティータ第2番でした。それまでの演奏では楽章の合間に、軽く間をおいて、音を確認する作業が入りましたが、このパルティータでは、アルマンドとクーラント、クーラントとサラバンドの間に間をおいたものの、音の確認はなく、サラバンドから後は全休止こそあっても、一気にジーグ、シャコンヌへ流れていって、当時の演奏に近いのかもしれません。シャコンヌは、聴きながらうっとりしてしまいました。まあ、余計な感想が浮かばない、最高の演奏でした。

 ちょっと興味深いのはソナタとパルティータの第3番の演奏でした。第1番で目立ったミスですが、こちらは曲の難易度、特殊なボウを使わないあたりからくる普通のミスですが、第3番は敢えてミスを恐れずに踏み込んでいくようなタイプのミスがありました。商業ベースに乗る演奏家の場合、ノーミスが当然であって、その制約の下でなんとか音楽性を表現するのですが、ノーミスの制約が厳しく、長調の下での解放感を表現する部分にまで制約がかかります。もちろん、ミスをすることが好ましいことではありませんが、個人的にはノーミスが当たり前の状態ではちょっと食い足りない。このソナタのフーガも全3曲で最長というだけではなく、反行フーガまであって、迷いの森になりかねない部分です。ミスはありましたが、慎重に「建築」をつくりあげようとするあまり、抑制が効きすぎて流麗さが損なわれることが多いのですが、今回の演奏ではまさに流麗であり、コラール前奏曲の主題が非常に美しく響きました。スコアを見ていないので、バッハの音楽として正統ではないのかもしれませんが、こういう解釈もありうるし、ひょっとしたら標準的な解釈よりも優れている、スケールの大きな演奏だと思いました。

 演奏者はオイストラフを心の友にしていると、紹介者から演奏が終わってから伺いましたが、この演奏は非常に興味深いです。なにしろ、オイストラフが全曲録音を断念してしまったので、やはりハイフェッツが最も完成度の高い録音を残してくれたのを頼りにするしかないのですが、テンポからすると、ヒラリー・ハーンよりはやや速め、ハイフェッツよりはやや緩やかというところでしょうか。しかし、全体としてこのフーガを流麗に描くというのは容易ではなく、音楽性の表現としては非常に高いものを感じました。ノーミスにこだわるとできない演奏ですね。女性の演奏者には失礼ですが、男性的な力強さと流麗さが印象に残りました。

 シャコンヌに続いて、演奏者の高い音楽性を感じさせてくれたのは、パルティータの第3番。こちらもソナタと同じく、長調ですが、第2番のシャコンヌで高い精神性を抑制的に表現した後に、自由、あるいは平たく言えば、プレリュードが提示する開放的なのびやかさとともに、展開部の抑制の下での自由が絡み合う曲です。シャコンヌのやや内向的な精神性の高さとは異なる、音楽の喜びが抑制的ながらも、はるかに前面に出てくる、演奏者の個性がはっきりと出る楽章です。演奏者は、ソナタに続いて流麗な演奏で、ジグまで飽きることのない、音楽の弾く喜び、聴く喜びと音楽の楽しむ喜びを存分に披露していて、素晴らしい演奏でした。

 やはり全体としてはミスが少なくないのが惜しいのですが、ノーミスにこだわりすぎると、聴くことができない演奏を聴く機会に恵まれたのは幸せでした。休憩を入れて3時間近い演奏をされたKさんにあらためて拍手を送るとともに、紹介して下さったS先生に感謝です。


続きを読む
posted by Hache at 07:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 幸せな?寝言