2010年06月25日

マクリスタル解任後のアフガニスタン戦略

 木曜日に帰宅して『日経』の夕刊を手にしたら、参議院議員選挙が公示されたそうです。ざっと主要政党の公約を見ましたが、民主・自民は財務省の「死○死○詐欺」に乗っかっているので、選択肢から既に消えております。それでも、投票には行く予定でして、今回はなにも書かずに済みそうで楽だなあと。棄権する方が地球には優しいのかもしれませんが、投票所には用紙が準備されているので、白票でも大差がないのでしょう。それにしても、鬱陶しい先生方の就活につきあわされるのは勘弁ですね。公務員の人員整理や総人件費の4割カット(税収不足を考えれば6割が妥当だと思いますが)、公務員共済の公的資金の投入廃止と受給者からの回収はギリシャ危機を受けての財政再建ですから、これでも最低ラインだと思いますが、どこの政党も掲げないので、入れるところは一つもありません。

 本題のマクリスタル解任ですが、あれこれ斜め読みをしましたが、事実関係は、Bloombergが2010年6月24日付でオンラインで配信したJulianna Goldman and Viola Giengerの"Obama May Gain `Breathing Room' on Afghan Strategy"という記事が事実関係を淡々と整理していてわかりやすかったです。解任直前にはマクリスタルはアメリカと45の同盟国から編成した14万2千人の兵士を指揮していました。タリバンの強固な基盤であるカンダハールへ攻勢を強めようとしていました。アメリカの計画では12月に戦略の再評価を行い、アフガニスタン現地の兵士を訓練して2011年7月から撤退を開始する予定でした。この予定に関しては共和党は撤退に批判的であり、民主党は間に合わないのではないかと懸念していました。マクリスタルを解任してペトレイアスを指名したおかげでオバマは一息つけたと記事は評価しています。

 解任のきっかけとなったのはRolling Stone誌でマクリスタルがオバマ大統領をはじめ、高官を批判したことでした。オバマは激怒し、ホワイトハウスからペンタゴンまでマクリスタル解任の機運が高まりました。カルザイ大統領(アフガニスタン)は当初、マクリスタルの続投を望みましたが、結局、オバマの決断を讃え、ペトレイアスの指名を歓迎しました。アメリカ議会もペトレイアスの指名を超党派で受諾する可能性が高いようです。6月29日にはペトレイアスがマクリスタルの後任として上院で承認される見通しです。

 オバマは、今回の解任は正しかったと強調する一方、司令官の交代であって戦略の変更ではないと述べました。マクリスタルはオバマのアフガン戦略を強く支持し、連合軍と提携国、そしてアフガニスタンの人々に専心してきたと述べ、辞表を提出しました。なお、上院のメンバーはアフガニスタンにおける非軍事活動がより効果駅であるという認識を共有しているようです。スタンド使い、もといスパイを上手に使うペトレイアスが今後アフガニスタンの作戦に全責任を負うことになります。ペトレイアスのスパイ活用に関してはCIAとの確執などが米紙で報道されていますが、仮に捕虜になってもジュネーブ条約が適用されないなど、非常に高いリスクを負った任務を担っているようです。

 マクリスタルの解任とペトレイアスの指名で米紙のコラムでは主としてペトレイアスなら大丈夫という論調が強くなっています(例えば、Washington Postが2010年6月24日に配信したDavid Ignatiusの"Gen. David Petraeus: The right commander for Afghanistan"(参考)など)。皮肉ではなく、そうだといいですねというところでしょうか。


続きを読む