2010年06月28日

オバマ大統領とマクリスタル解任メモ

 実質的には土日返上なので、自分用のメモです。まずは、RSSリーダーで読み込んだ、Washington Postが2010年6月25日付で配信した無署名の"Rolling Stone fact checker sent McChrystal aide 30 questions"という記事です。記事というよりも、Rolling Stone誌が更迭されたマクリスタル司令官(当時)の補佐役に送った30もの質問と回答ですが、マクリスタルが解任されるに至る発言を行った背景のにおいすらしません。

Washington Postの論調に乗せられている気もしますが、2010年6月26日に配信されたKaren DeYoung and Rajiv Chandrasekaranの"Gen. McChrystal allies, Rolling Stone disagree over article's ground rules"では、マクリスタルに近い高官がRolling Stone誌の編集主幹が記事の内容をマクリスタルや補佐官と精査したとの声明に対して疑問を投げかけていると指摘しています。全体としてマクリスタルを擁護し、Rolling Stone誌の記事の内容に、オフレコの話をそのまま載せたことなど基本原則をRolling Stone誌が破ったことなどを理由に、疑問を投げかけています。この問題が真偽はわからずじまいで終わるかもしれませんし、マクリスタルが解任され、ペトレイアスが後任の地位に就いたこと自体は覆らないでしょう。

 ペトレイアスも気の毒なものでして、やはりWashington Postですが、2010年6月27日付で配信されたChris Cillizzaの"Who had the worst week in Washington? Gen. David Petraeus."というタイトルですべてが語られている記事を書かれる始末。表面的に見れば、Rolling Stone誌が不注意でマクリスタル解任のきっかけをつくり、既にババ抜きポストでしかない司令官の地位にペトレイアスが回されたというところでしょうか。現実問題として、バイデン副大統領は元々、マクリスタルの作戦に反対していましたし、ちょっとしたきっかけでペトレイアスも潰せるといった具合。もっとも、アフガニスタンでの戦闘は、"a war of choice"ではなく、"a war of necessity"だと断言し、のっぴきならない話にした張本人はオバマ大統領ではありますが(参考)。

 DeYoung and Chandrasekaranの記事でも指摘されているように、Rolling Stone誌からの「あなたは大統領選でオバマに投票したのか?」という質問にマクリスタルの側近は軍人としての節度をもって回答しています。アフガニスタンにおける軍事行動が失敗に終わると決まったわけではありませんが、マクリスタルにペトレイアスと司令官レベルで人材を次々と喪失しかねないオバマの外政能力の欠如にため息が出ます。


続きを読む