2010年09月21日

中国様からの菅政権へのエール?

 月曜日に『日経』の「核心」を読んで、とても不快でした。「時の最果て」など「寝言」ばかりですから論理性もへったくれもないのですが、これを英訳してベンサムに読ませたら泣くだろうなと(法人税率の引下げなんて功利主義的な発想そのものですから、そういう発想そのものがけしからんというなら、引下げ自体無理筋ですな)。陸奥宗光に読ませたら、「新・日本人」でも書いてくれそうですな。「ネット世論」(笑)の逆の意味での正確さにはびっくりでしたが、紙媒体を読んでも、中国様がキャンキャン騒いでいる理由がわからず、日曜日に、よほど国内世論が荒れているのか、中共の正統性が揺らいでいるのか、なんなんでしょと親中派の人たちと話をしていたら、国内は対外強硬一本やりで中共もグリップを握っているとは言えない状態の上に、次世代の予定だったはずの習近平は軍への影響力が胡錦濤よりもはるかに弱く、大変じゃないですかとのことでした。「親中というと売国奴と思っているんでしょ?」と尋ねられて、相当、フラストレーションがたまっているんだなあと。こちらの見解を出さずに今回の件に関して尋ねると、日本の領海で起きた事件は日本国内の法にもとづいて処理するのが当然でしょうねと突き放した感じでしたね。

 それはともかく、現在の中国の反応があまりに異様なのですが、わざわざ英語で読まないと確認したいことがわからないというのはどうなんでしょうね。結局、アメリカのYahoo!経由でAP電の"Japan urges calm after China severs contacts"という記事を読んで、なるほどと。尖閣諸島の帰属など背景は完全に省略されていますが、"Kan's spokesman, Noriyuki Shikata, told The Associated Press that China had not yet given formal notice of the suspension of contacts and exchanges."という一文が知りたかったあたりでしょうか。菅氏のスポークスマンとされている"Noriyuki Shikata"という方が漢字変換できないので留保付きですが、日本政府に対して公式には接触や外交を絶つ通告をしていないわけでして、やっていたらばかげていると思いますが、よほどのことがない限り、菅政権へのエールに終わるのでしょう。

 要は、中国側が「声と形の戦争」をしかけてきているので、柳に風とばかりに欧米に広報をした上で淡々と処理する問題だということになりますでしょうか。「声」にしても「形」にしても、本気ではないでしょうから、「気抜け」じゃありませんが、日本の領海で起きた公務執行妨害なのでそれで処理させてもらいますと淡々とこなすと中国があげた拳の降ろしどころに困るのでしょう。部屋を掃除機で片付けるような話なので、これもできないようですと、普通の会社だったら正規雇用も無理じゃないかなあ。あと先ほどのAP電には"the economies of the China and Japan, the world's second- and third-biggest economies"とあって中国にGDPで抜かれたということにショックを受けるナイーブな人には精神衛生上よろしくない記事かも。そんなに世界第2位の「経済大国」に執着するなら、円高誘導でもしましょうか。


続きを読む
posted by Hache at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言