2011年04月06日

悲しみは絶望じゃなくて明日のマニフェスト

 憂鬱な日々が続いておりますが、「汚染水」を海中に放棄するという月曜日深夜の東電の会見はあまりにもみじめで、なんと罪深いことをするのかと。この国を守るように取り巻く海に、人工の産物である放射性物質を含んだ水を投棄するという事態に、これまでの震災による人的被害とは異なった悲しみを覚えます。「寝言」も浮かばない状態でしたが、完全にふさぎ込んでしまいました。

 今回の事態は、東京電力が電力自由化にあたって掲げた「公益的課題」を自らがすべて放棄し、公益事業の担い手として不適格だとみなさざるをえない行為です(参考)。復興に向けた方向へ頭を切り替えたいのですが、福島の大地と大気のみならず、海を汚す事態に及んだ深刻さを東京電力がどのように考えているのか、まったくわからないまま、マスメディアが「やむをえない」で片づけているのを見ると、ゾッとします。英字紙も遠慮があるのか、見出しでは"release"とぼかしていることもありますが、Wall Street Journalの"dump"というのが近いのでしょう。まだ放射性物質をより多く含んだ水があるからという理由では、今後、事態が収拾に向かわなければ、より高濃度の放射性物質を含んだ水がある限り、いくらでも投棄できることになりかねません。

 「The Br​iefing On Japa​n Quake -外国プレス​​へのブリーフィング」なるものを見たおかげで、さらに気分が沈みました。当初はもっと外国人記者が多く参加していたはずですが、見たところ4名前後。木で鼻をくくったような官僚的答弁に終始する会見では、日本人記者は慣れているのでしょうが、外国人は参加している暇はないのでしょう。経済産業省原子力安全・保安院は津波は想定外と繰り返すばかりで、質問する側だったら、こんな場に来ても意味がないだろうなと。驚いたのは内閣府原子力安全委員会でして、津波に関する最新の指針は2006年であり、今回の津波を想定していたとも想定しなかったとも、どうとでも読める指針の一部を読み上げるだけで、指針がどのように具体的に活用されたのかを示さないあたりは驚くばかりです。

 公益的課題を自ら掲げながら放棄する一般電気事業者、監督していたアリバイだけを作ろうとする政府の各機関、これらをいまだに統括できずにいる首相官邸および内閣官房の下で「復興」が進むのだろうかと暗澹たる気分になります。堕ちるところまで堕ちて浮かぶ瀬もあれという感じでしょうか。ざっと目を通しただけですが、New York Timesが2011年4月5日付で配信した"Radiation Errors Erode Confidence in Power Company"という記事は、東京電力が公開しているデータへの懐疑が中心ですが、原子力発電は日本人にもたせるには危険すぎるという世論が形成されても不思議ではないことにも留意が必要でしょう。


ツイッターのタイムラインに時代が「TOUGH BOY」の歌詞に追いついたとあって、「Keep you burning 駆け抜けて この狂気と希望と幻滅のまっただなか No boy no cry 進まなきゃ 勢いを増した向かい風の中を」というあたりはなるほどと。第一部以降は原作を読みましたが、なんだか白けてしまい、結果としてアニメはつまみ食い程度でしたので、聴いたことはあるけれど、内容は忘れてしまったなあと。全曲を聞いて印象に残ったのは、「悲しみは絶望じゃなくて明日のマニフェスト」というあたりでしたので、そちらを「寝言」の「お題」にしました。もはや2011年3月11日以前の世界には戻れないのだなあと。



続きを読む