2011年04月13日

分権的な社会の危機

 「苛政は虎よりも猛し」を実感する日々ですが、この国の人はよほどおひとよしが多いのか、不思議に思った時期がありました。いつだっただろうと思って、自分で検索してみると、2010年4月17日の「寝言」でした。

 今後、20年ぐらいのこの国の事情を書き残せば、民主制というのはときとして自殺するというトゥキュディデスの仮説を補強する事例となるのかもしれません。この国の人はお人よしだから「苛政は虎よりも猛し」を実感するのにはもう少し時間がかかるのでしょうが。


 無能な人たちを権力の座につけることは、自殺するのと同じ程度に危険だと思うのですが、私の方が神経質すぎるのでしょうか。あまり自分の判断に信をおかないことにしているのですが、どうにもわからない部分が多いです。なにか自分自身が世間様からあまりにずれていて、「あれれ?」となることが多いです。本題の前に、統一地方選挙の前半戦はあまり興味がなかったのですが、意外と早く、愛知県では地域政党が失速して、大阪府では過半数を制したものの、政令指定都市では第一党とはいえ、「公約」の実現は難しいらしい。橋下氏が独裁者になるのは困るという指摘をする方がいたので、非常事態だったら、それもありではないですかと尋ねると、仮に橋下氏がうまくやったとしても、その後、権力を握る人たちが悪用するかもしれないと言うのを聞きながら、またしても首を傾げてしまいます。小泉純一郎氏は橋下氏よりも独裁に近い権力をもった時期もありましたが、その後、どうなりましたかと尋ねると、絶句してしまうので、こちらが困ってしまう。

 大阪府の話から離れてしまいますし、危険思想の持ち主と思われても仕方がない「寝言」になりますが、非常事態に際しては、意思決定をスムーズに行うために、分権的意思決定の制限というのはやむをえない場合があると私自身は考えています。問題は、集権的な意思決定メカニズムに移行したとしても、それに堪えうる担い手がこの島国では極めて稀であるということでしょう。「政治主導」の名の下に民主党は小泉改革とは別の形で集権的な意思決定を進めようとしたものの、どだい、それに堪えうる人材がおらず、これは私も見通しが甘かったと思うのですが、さしもの官僚機構も機能麻痺に陥ってしまう。「苛政」というのは、いわゆる暴君などに象徴される善悪の次元ではなく、まず、実際に分権的意思決定に代わって的確な指示を出すことができるのかどうかという能力の問題の次元で考えたいというのが、いかれた俗人の考えるところです。現状はと言えば、もちろん、私自身は、集権的な意思決定というのは実に厳しいものだということすら理解できない愚か者どもが進めた結果、現時点は集権的な意思決定が必要な事態なのかもしれないのにもかかわらず、実質的には無政府状態に近く、苛政そのものだとなりますが、同意しない意見にも、それ相応の敬意を払います。

 しかし、民主党ほどの無能集団でも、すべてを壊すほどの力はなく、それなりに公的な発信をしている状態がさらに事態を悪化させているように映ります。昨日、ネットで国際原子力事故評価尺度でレベル7に引き上げるという報道に接したときに、なんともいえない違和感を覚えました。どうも自分でもこの違和感をうまく説明ができず、ハッと思ったのが、こちらの2011年4月13日のコンテンツを読んだときでした。確かに、2009年の「デフレ宣言」とそっくりな部分があるわけでして、デフレですよと菅氏がのたもうて、あのときは日銀に対策と責任を丸投げした格好になりましたが、今回は東電かと。日銀よりは世間的には「悪の巣窟」というイメージもあるのでしょうから、あえて不謹慎な表現をすれば、責任転嫁の対象としては上手ともいえなくはないのですが。枝野氏の天下り発言などを見ると、政治的な責任の問題を回避しようという姿勢がミエミエのようにしか映らないです。ただ、こうやって政治がそれにふさわしい責任を回避する姿勢が続く限り、見えない形で日本というブランドは海外で日に日に低下しているわけでして、被災地のことを考えたいのですが、なんとも重苦しい将来しか思い浮かぶことができないです。

 時間がとれないので、リビア情勢を見ていると、内部分裂が目立つNATOで手に負えるのだろうかと。金融危機のダメージは思ったほどではないという楽観的な見方もあるようですが、ユーロ圏の債務問題としてリスクは既に顕在化していますし、オバマの国内的な政治的指導力・説得力も綱渡り状態でしょう。あまりに粗雑な見方だとは思うのですが、アメリカから見て、アメリカ自身が力の限界に達しつつある上に、東も西も分権的な社会が危機に瀕しているのが現状でしょう。他方、WSJは、2011年4月9日の記事で、中国が元のオフショア市場をシンガポールに拡大して元流通のハブを重層化を図っていることを報じています(有料記事の可能性があるのでリンク等は省かせていただきます)。ただちにと言うわけではないと思いますが、現行の国際秩序に挑戦するであろう勢力にとって極めて有利な状態が、今後も続く確率が極めて高いということを忘れるのは、「寝言」のきわみにすぎないのでしょうが、私にはあまりに危険なことだと思います。


続きを読む
posted by Hache at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言