2011年04月20日

カルロス・クライバーによるブラームスの交響曲第4番

 そろそろ「不謹慎な寝言」というカテゴリーが必要なのではと思うのですが、冷静に考えると、不謹慎ではない「寝言」というのが見当たらず、困ったものです。今週で一番、驚いたのニュースといえば、フィラデルフィア管弦楽団の破産だったとは、さすがにクラシック好きの人にも言えない話です。たぶんクラシック音楽を聴く時間が長かったピークの一つは10歳頃から17歳頃だったと思うのですが、安物なりにLPにアンプ、スピーカーを買ってもらったのが中学2年生ぐらい。それも、当時の私の小遣い(月千円也)ではLPレコードを買うのは無理でして、多くはラジオ(自作)でNHKのFMを聴いている状態でした。フィラデルフィアといえば、あまりに古い感覚なのでしょうが、やはりオーマンディ。レスピーギはいろいろな指揮者・オーケストラの演奏を聴きましたが、お気に入りでした。

 ネットでは散々の「団塊の世代」の人たちですが、リアルでは親を除くと、助けて頂くことが多く、クライバーの演奏をライブで聴いたという方から、バイエルン国立管弦楽団を指揮したモーツァルトの交響曲33番とブラームスの交響曲4番を録画したDVD(1996年)を渡して頂いて、これをライブで聴いたんだよと。だから、「耳が痛風にry」と言うのを見越してか、先に言われてしまいましたが。ちなみに、NHKのBSプレミアで流れていたそうで、名人戦以外もチェックしなくては。クライバーの演奏は、ベームにはない華がある印象があるのですが、木管の柔らかさも実に心地よいです。報道に接していると、精神的に参りそうなのですが、クライバーとバイエルンのモーツァルトのおかげでホッとしました。昔、グラモフォンに入っていたベームの最晩年の25番の異常なスローもよいのですが、全体として抑制が効いた演奏なのに対し、クライバーは自由だなあと。どちらが好みかと言われると、その日の気分しだいというわけでして、「時の最果て」の中の人はこんなものです。本音を言うと、このあたりを理屈で説明するというのは、胡散臭いと思っていると負け惜しみを書いておきます。

 気分的にはブラームスの4番は重たいのですが、実に20年ぶりぐらいに聴いたので、大雑把な構成すら忘れていたのですが、1回目はなにも考えずに聞き入ってしまいました。第4楽章のフルートが実に美しく、バッハの影が見え隠れする主題もすばらしいのですが、たまらない感じです。まるでバロック期には夢であった自由が実現した後の、自由を求める精神が生きているようで、私自身は、クライバーの演奏ですら、モーツァルトやバッハの方が耳になじむのですが、19世紀以降の西洋音楽の粋だなあなんて平凡な感想をもちながら、あまり考えずに楽しんでしまいした。最後のコーダは明らかに古典派ではないのですが、自由でありながら抑制が効いていて、静かな感動がありました。

 最近は、クラシックすら聴かない日が多いのですが、いつもの癖で最初は目を閉じて聴いていて、本当にいいものを聴いたなあと。2回目は動画を見ながらクライバーの指揮に見とれてしまいました。正確な知識がないので、誤っていると思うのですが、1996年の演奏となると、ほぼ指揮者としては最晩年ではないかと思うのですが、バイエルンとは息があっていることも大きいのでしょうが、最後のコーダのあたりは抑制と解放が実に巧みで、官能的ですらありました。早くブルーレイで聴きたい録音です。


続きを読む
posted by Hache at 01:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言