2011年04月22日

ありゃまの瞬間

 花粉症が世間様を苦しめる時期には、将棋の名人戦が楽しみですが、ありゃまの展開。一日目からずいぶんと直線的だなあと思っておりましたが、帰ってきて棋譜を見ていて、先手の羽生善治名人の45手目は目が点に。一日目からして、見ている分には駒がぶつかって楽しいといえば楽しいのですが、後手の森内俊之九段は4一玉と矢倉のお城に近づいているだけ、わずかですが、安心ですが、羽生名人は居玉。実は、水曜日の晩に封じ手は△7二飛以外にないでしょと思って、棋譜解説を見ながら、ああでもない、こうでもないと考えてみたのですが、居玉では戦えないので、私には見えない必殺の手が羽生名人にあるか、どこかで自陣の整備を行う曲線的な手が出るのかと思ったら、45手目で羽生名人が飛車をとったので、悲鳴を上げそうになりました。これは、ひどいなあと。48手目の森内九段の手が悪いとは思えないのですが、確かに、パッと見は意味が分からないのですが、終盤に受けるための鉄壁となっていて、驚きです。序盤の折衝がすさまじいだけに、まさかの展開でした。録画で木曜日の午後の中継を見始めたら、ほぼ4時半頃には終局で、それになりにあやがあるとはいえ、ど素人にもわかりやすい局面が続いて、全体を通しても、ありゃまという感じでしょうか。第1局が素人には難解すぎるのとは対照的です。羽生名人が調子を取り戻さないと、第4局以降は見ないかもです。BS中継の録画で終局直後の両対局者の表情が写りましたが、森内九段がへとへとになっているのが印象的でした。この将棋をひっくり返されては立ち直れないでしょうから、形勢不明の局面が続いたときよりもプレッシャーがかかったのではないという、「外道」な「寝言」が浮かびます。

 嫌な予感しかしないのが下の動画ですが、周囲に「外道」であることを知らしめるべく、不謹慎なことばかり言っております。古びた○発が「ポポポポ〜ン」とか、シュールすぎてついていけない人が少なくないのですが、なぜかついつい笑ってしまう人が多数になってしまう。開き直れば、過度の緊張感というのは1か月が限界なのである。



 それにしても、2011年4月20日の『日経』一面トップが話題にならないのは、いくらしゃれにならない情勢とはいえ、それもどうかなと。不確かな記憶ですが、2008年頃に堀内光雄氏は「『後期高齢者』は死ねというのか」とかいう作文を『文藝春秋』に寄せたのを読んで、「死ね」じゃなくって、今の医療水準を維持するのにもカネがかかるのだから、昔の革新自治体がバカみたいに高齢者の医療費の無料化を進めた時代とは違うんですよと。いわゆる「団塊の世代」がどうたらこうたら以前に、既に現役世代の負担は過重になっており、左寄りの人のみならず、酷使様たちも口をきわめて罵った長寿医療制度でも現役世代にはあまりに重いという現実を理解していただきたいと思うのですが、無理なんでしょう。乱暴な議論ですが、これだけ男女を問わず高齢化が進んでいるという社会が、「低福祉」というのはありえない話だと思います。まず、「団塊の世代」が年金の満額支給を受けるようになり、後期高齢者へと移行する10年後あたりには、1990年代後半から2000年代に生じた財政の悪化を上回る「セカンドインパクト」がくるのは容易に想像できます。仮に、年金の支給年齢を70歳に引き上げたところで、私の前後の世代(1960年代終わりから1970年代前半生まれ)が年金受給世代になり、医療サービスを利用する頻度が上がる、「サードインパクト」まで、わずか30年間しかありません。堀内光雄氏のように1930年代生まれあたりの世代は、「ノブレスオブリージュ」を上の世代から体感したものの、真っ先に失った世代でもあるのでしょう。彼らの生活は現役世代によって支えられているのにもかかわらず、ご自身が失ったノブレスオブリージュを下の世代には押し付けるという、「ありゃま」という感覚を覚えさせる御仁が目立ちます。現在の震災からの復興は10年がかりでしょうが、ご高説をのたもう人たちが社会保障制度改革の抵抗勢力としてまだ10年近く影響力を残せば、30年たっても、その災厄たるや、甚だしいものとなりかねないでしょう。


続きを読む
posted by Hache at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言